活力循環とは?

2017年3 月 1日

NO.209-1(メインコラム)警告音は鳴っていませんでしたか?

私は持ち物に対するこだわりが無い方なのですが、手帳だけはこだわりがありまして、

「書き込みスペースが多い点が気に入り」10年前からずっと変わらずダイゴー製の商品番号E1042

(B5判 257×182mm)を使っています。

 

毎年12月になると「今年の手帳」から「次の年の手帳」切り替えるのですが、

切り替える際、新しい手帳に「書き移すメッセージ」が2つあります。

 

1つは、

『経営の中でもっとも深刻な問題は「人の短期指向・局所指向の強さ」 にある。

本質的な問題に手をつけず、数値化し易い 短期的・局所的指標で経営状況を判断して、

部下を叱咤しても、成果に結びつかない。』

 

もう1つは、

『経営に使える指標は3つ

1つ目は「社員のやる気

2つ目は「顧客・取引先の評価

3つ目は「キャッシュフロー

この3つの指標が、「上向き」なのか「下向き」なのか「横這い」なのか

定期的にチェックして早めに手を打つ。』

 

以上2つのメッセージです。

 

この2つのメッセージが私の仕事を支えています。

 

この2つのメッセージを

いま旬な話題、東芝のガバナンスの問題に照らして一緒に考えたいと思います。

直近の新聞記事のタイトルを見ますと、

「東芝が債務超過の危機」「東芝、自己資本増強に向けて時間との戦い」など、

東芝の経営が抜き差しならぬ状況にあることを伝えています。

 

各紙の記事を総合すると、

ことが表面化したのは、

2015年に内部告発により初めて発覚した「不正経理処理」に端を発しているとのこと。

ことの原因は、

歴代3社長が、08年9月のリーマン・ショック後に起きた世界的な景気後退や、

社運を賭けて買収したWEの業績が11年3月の東電福島原発の事故を受けて劇的に悪化する中、

「チャレンジ」と称して、各事業部門に利益の上積みや損失の圧縮を厳しく求めたことによるとのこと。

 

そのチャレンジの中身は、

①パソコン事業における「買戻しを前提とした取引先への部品の高値押込み販売

②半導体事業における「在庫の評価損の未計上

③インフラ事業における「工事進行基準に基づく損失引当金の未計上

④映像事業における「取引先に対する請求書発行の先送り要請

とのこと。

 

渦中にいた社員のモチベーションは、

・西田さん(当時の社長)の発言「利益は言われた通りに数字をつけておけばいいんだ」

が組織の末端まで浸透した(Aさん)。

・私も「こんなことでいいのか」とずっと思っていたが、

自分1人が発言すればどうかなるというレベルの話ではなかった(Bさん)。

・私も一介のサラリーマン。上司に逆らってまで言えない組織風土になっていた(Cさん)。

とのこと。

 

以上の情報を、3つの経営指標に照らし合わせて東芝の経営状態を診てみましょう。

こんな感じでしょうか?

東芝は

①上司に“逆らえない”“物言えない”組織の中で、社員のやる気がどんどん損なわれ、

②自分達の都合で取引先に余計な負担を強いて、取引先の評価がどんどん損なわれ、

③「選択と集中」に踊らされた経営者が、体力を超えた巨額の「投資キャッシュフロー」を決定していた。

 

きっと早い段階から、

3つの経営指標は、警告音を出していたはずです。

 

シンクレイト(降下率)    シンクレイト(降下率)

 

ウープ・ウープ  プルアップ(引き上げろ)  プルアップ(引き上げろ)

 

ウープ・ウープ  プルアップ(引き上げろ)  プルアップ(引き上げろ)

 

1つ目は「社員のやる気」・・・・

2つ目は「顧客・取引先の評価」・・・・

3つ目は「キャッシュフロー」・・・・

 

激突音

 

ボイスレコーダー終了

 

警告音は鳴っていませんでしたか?

2017年2 月 4日

NO.208-1(メインコラム)給料をもらうという働き方

先日、地元 杉並区の中学校から講師の依頼がありました。

 

中学2年生に向けて、

「ご自身の体験から、今、中学生にとって必要なことは、何か」

というテーマで授業をやって欲しいとのお話し。

 

お受けすることにしたものの、

さてさて、「ご自身の体験から・・・体験から・・・」などと考えながら、

まず考えの糸口として、

 

自分のキャリアの中でも一番長く携わり、

現在の日本の就業者の89%もの人が携わっている、

サラリーマン(給料をもらうという働き方)が、いったい いつ頃、どこで、誕生したのか、について調べてみることにしました。

 

 

調べてみると、まず

★日本電車発展史(保育社)という本の中に「サラリーマン(腰弁)」に関する次の記述がありました。

 

『工場ができ官庁や会社が立ち並ぶようになると都会では

通勤という現象が起きてくる。

腰に弁当をさげた(腰弁)勤めの人の姿は明治40年の島崎藤村の短編「並木」にも

描かれているが、東京大阪などでは路面電車の発達が徒歩から電車利用による通勤圏の拡大をすすめた。』

 

 

次に、この本に出てきた「通勤という現象」という言葉をキーワードに調べてみると、

★明治33年(1900年)の朝日新聞に次の記事がありました。

 

『最近、東京の省電で、腰に弁当を提げた人たちが乗車している一風変わった景色がみられるようになった。

毎朝自宅を出て勤め先まで省電を使って通う人たちである。ちなみに当新聞社で

調査したところによると、現在、我が国の成人男子の内、平日昼食を自宅で取っていない人は3%もいるそうである。』と。

 

 

少し驚きだったのは、

つい120年前まで、我が国の成人男子のほとんどは、昼食を当たり前のように自宅で取っていたという事です。

 

 

★厚労省の資料で1900年当時の就業状況を調べてみると、

 

農林漁業(第一次産業)従事者は7割、

商業(第三次産業)従事者が2割、

モノ作り(第二次産業)従事者が1割、です。

 

自宅ランチ派が多いのは、2/3以上の人が農林漁業に従事していたことも理由として考えられそうです。

 

 

次に先ほどの本「日本電車発展史(保育社)」に出てくる

島崎藤村の短編「並木」を確認してみると、作中に次の記述があります。

 

『近頃 相川の怠けることは会社内でも評判に成っている。一度弁当を腰に着けると、

八年や九年位提(さ)げているのは造作も無い。齷齪(あくせく)とした生涯を塵埃(ほこり)深い巷(ちまた)に送っているうちに、最早(もう)相川は四十近くなった。

もともと会社などに埋(うず)もれているべき筈(はず)の人では無いが、年をとった

母様(おふくろ)を養う為には、こういうところの椅子にも腰を掛けない訳にいかなかった。』と。

 

 

少し驚きだったのは、 

主人公の相川というサラリーマン(腰弁)主人公の気持ち、

「プライドを捨ててしまえば腰弁(サラリーマン)を続けるなど訳ない(造作も無い)ことだ。」その一方で

「何も好きこんので腰弁(サラリーマン)を続けている訳ではない。」

など、現代のサラリーマンにも彼の心情が理解できる内容だった事です。

 

 

 

おやおや、中学2年生に何を話そうかと思案していたつもりが、いつの間にか110年前の腰弁の世界に入り込んでしまいました。

 

話を授業に戻します。

 

 

【授業の中盤はこんな感じかな?】

 

さてさて、中学2年生の皆さん、ここから大事なところです。

 

相川氏が生きた110年前は、人生60年の時代でしたが、西暦2000年以降に生まれた皆さんは、2人に1人が「100歳以上生きる」と言われています。

 

人生100年時代の到来です。

 

寿命が延びる一方で、生活基盤に目を向けると、既に、年金が破綻し始め、人の知識労働の一部がAIに代替され始め、中国・インドの中間所得層が知識労働者として台頭し始めています。

 

そんな状況の中、「給料をもらうという働き方(サラリーマン)」をこれまでの様に(相川氏の様に)造作も無く続けようとしている人が今、正規社員、非正規社員の区別

なく脱落し始めています。

 

 

さて では どうしたら良いのか? 彼ら彼女らに何を伝えようか?

 

 

【授業の最後はこんな感じかな?】

 

まずは、一生ものの

 

「学び続ける習慣」と「相手に共感する習慣」と「自分の考えを考える習慣」。

 

この3つの習慣を造作をかけて身に付けるよう 今日から 心掛けて下さい。

 

この3つの習慣は人生の最終兵器です。

 

大人になってからこれを身に付けようとすると苦労するからね。

 

 

【最後に】

 

このブログを読んで頂いた皆さんは、彼ら彼女らに何を伝えたいですか? ぜひ教えて下さい!

 

2017年1 月21日

NO.206-1(メインコラム)見たいと思う現実

古代ローマ期のユリウス・カエサルは、人間の本質について

「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと思う現実しか見ていない。」

と言いました。

現代の人たちはどうでしょう。

昨日、共和党のドナルド・トランプ氏が第45代大統領に就任しました。

多くの人たちが

「自分達の『見たいと思う現実』が脅かされてしまった。いったいこれから何が始まるのか?」

と身構えているように思われます。

 

そこで今回はこの『見たいと思う現実』について取り上げることにしました。

 

さて『見たいと思う現実』とは何か・・・・?

そうそう確か本棚にこんな本があった、と思いさっそく手に取りました。

 

「拝啓マッカーサー元帥様・・占領下の日本人の手紙」(岩波現在文庫)

 

この本によりますと、

終戦後、連合軍総司令官として君臨したマッカーサーに宛てて送られた手紙の数は約50万通。

手紙の差出人は、政治家,医師,農民,主婦,小学生まであらゆる立場の日本人で、

その手紙の内容の大半はマッカーサーを賛美するものだったとのこと。

「日本人はマッカーサーに何を伝えたかったのか」。その手紙が何通も掲載されています。

以下この本の抜粋です。

「東京の製薬会社に勤めていたものの、今は滋賀県に疎開して飛行場の開拓

をしているという知識人(早稲田大学専門部政治経済科卒業)は、マッカーサーをこう賛美する。

『閣下(マッカーサー元帥)の御指導実に神の如くその眼光は実に日本社会の隅々まで徹し

全謂(あらゆる)御指導は見事に一々的中し吾々は衷心よりその御指導が人道的であつて

且つその御指令が到底日本の政治家共には及ばざる善政であることを感謝致して居るのでございます

(中略)閣下に対する尊崇の念は日本天皇に対しての尊崇の念の如く形式的ではなく真に心からの

敬服、尊崇の念を懐いて居ります』 」と。

 

日本人の「見たいと思う現実」について、

日本人の「見たいと思う現実」が変化する早さについて、

気付かされる興味深い資料です。

 

では同じ時期、アメリカ人の「見たいと思う現実」はどうだったのか?

そうそう確かこんな本も本棚にあったと思い、手に取りました。

 

シーラ・ジョンソンの「アメリカ人の日本人観」(サイマル出版会)

 

以下この本の抜粋です。

 

アメリカ人の日本人観と中国人観はシーソーのような関係にある」。

中国と日本への好感度は並立することは決してなく、一方の評価が上がると

他方は下がる関係にあり、歴史を通じて必ずどちらかが悪者になっていた」と。

 

また次に手にした

「悪役レスラーは笑う・・・「卑劣なジャップ」グレート東郷」(岩波新書)に

日本の真珠湾攻撃から2週間後に発行された『タイム』(1941年12月22日付)の

記事の紹介がありましたので以下抜粋します。

 

「あなたの中国人の友達を ジャップと どう見分けるか」

「①中国人の顔の表情は穏やかで親切そうであり、日本人は攻撃的で尊大。

 ②日本人は話すときにはっきり意思表示をせず、脈絡もなく笑う。

 ③日本人の歩き方は型苦しく、直立したままかかとに力を入れて歩く。」と。

 

いずれも、

アメリカ人の「見たいと思う現実」について、

アメリカ人の「見たいと思う現実」が変化する早さについて、

気付かされる興味深い資料です。

 

さて、「見たいと思う現実」

最後に 私たちは「現実」をどう捉えているのか? 改めて考えてみましょう。

 

どうやら、現実とは、

★現実=正しい前提 × 正しい事実 × 正しい価値観

ではなく

★現実=見たいと思う前提 × 見たいと思う事実 × 見たいと思う価値観

ではないかと。

それも「見たいと思う」の3乗ではないかと。

2016年2 月13日

NO.206-1(メインコラム)アナタは自由ですか?

今回のテーマは「アナタは自由ですか?」です。

 

「自由」の意味を辞書で確認すると、

『心のままである、あるいは 外的束縛や強制がない。』 と書かれています。

 

そこで逆に「不自由」な状態を

『心のままでない、あるいは 外的束縛や強制がある。』 と定義すると、

この「不自由」な状態、 (キャリアコンサルタントをしていると)相談者の方の中に 有るあるある。

例えば、こんな状態です。

①「もし収入に対する不安がないなら 本当はチャレンジしたい仕事がある」 

②「もし時間を好きに使えるなら やりたい事がある 一度しかない人生だから」

③「もしお金に余裕があれば 子供の医学部進学の希望を叶えてやりたい」

 

つまり、 

①は「仕事の自由」

②は「時間の自由」

③は「お金の自由」

に関わる話です。

卵が先かニワトリが先か? 殆どの相談者の方は、「お金の自由」が必要十分条件と考え、

それがままならないので、「他の自由」を手に入れることを諦めてしまっています。

★『お金の自由』⇒「仕事の自由」⇒「時間の自由

 

では今日の本題です。

『お金の自由』の前に何が入ると、流れが促進するのか?

「この先に何が起きても安心なだけのお金を貯める?」 

この私たちが慣れ親しんでいる「ストックの考え方」では、 一生 思いが 叶わない リスクがあります。

 

では確実で有効な方法は何か?

私はそれを、『どこにいっても 何歳になっても 「フローを稼ぎ続ける力」を身に付けること』だと考えています。

そのために必要なことは、 生涯「フローを稼ぎ続ける力」を磨き続けることです。

「フローを稼ぎ続ける力 に対する 己の自信」こそが自分のセーフティネットです。

 

私の人生の目的は「楽しく生きること」。ただそれだけです。

私はその目的に近づくために、『心のままである、あるいは 外的束縛や強制がない。』状態を大事に考えています。

 

皆さんは自由ですか? 

いまの状況をどう感じていますか? 

2015年12 月 6日

NO.205-1(メインコラム)人生を変える7つ

今回のテーマは「人生を変える7つ」です。

 

私はキャリア研修の冒頭で「人生を変える7つ」の話しをします。

こんな風に・・・・

自分はこんな人生を歩みたい!

自分の人生をこんな風に変えたい! 

こんなことを思ったり 考えたりしたこと ありませんか?

では、自分の人生って どうすれば変わるのでしょうか?

 

実は「人生を変える」とは「次の7つの中の1つ以上を変える」ことと同義です。

 

【人生を変える7つ】

①時間の使い方を変える

②お金の使い方を変える

③付き合う人(住む場所)を変える

④自分の真価を知り、その発揮量を変える

⑤社会に与える貢献量を変える

⑥社会から受け取る評価・感謝の量を変える

⑦お金に働いて貰う量を変える

 

では実践編です。

まず、変えるためには 

自分の人生をどうしたいか? どう変わりたいか? 

決めることが必要ですね。

自分の人生をどうしたいですか? 

せっかくの機会です。 一度 ゆっくり考えてみましょう。

難しく考えないでください。 仮置きでOKです。

違和感があれば修正すればいいのですから。

 

次に ①②③④⑤⑥⑦のどれから先に手をつけましょうか?

これはルールで決まっています。 

必ず④から始めて下さい。

④は他の全てのスイッチとなるコア要素だからです。

 

そうそう④を始めると同時に、

10年先、20年先、30年先、40年先の 自分を ビジュアライズしてみて下さい。

何が見えますか? けっこうイケテますか? OKです。