活力循環とは?

2017年5 月12日

NO.212-1(メインコラム)起承転結

第一話(起)

先日たまたま自分の手帳をパラパラめくっていたら、

こんなことが書いてあるのを見つけました(出所は書き忘れており不明)。

 

『5年計画を作っているのは旧ソ連ぐらい。

 新規事業にとって計画や分析は必要十分条件ではない。

キーワードは

①MVP(実用最小限の製品・サービス)を作り試す

②顧客からのフィードバック(実験)

③仮説検証と学習

 これを答えが出るまで繰り返す。』     

                    以上

 

なるほど、新規事業を夢に置き換えたら、

けっこう人の生き方と似ているかも・・・・・・・・・・。

 

 

第二話(承)

先日たまたま自宅でテレビを観ていたら、

ビールのCMで、所ジョージに対して別のタレントが質問して、

所ジョージがそれに短い言葉で答えるという禅問答のようなシーンがありました。

 

『他のタレント「夢とは?」

 所ジョージ「急に持たない方がいい。 

       いろんなことをやっているうちに見えてくるもの」』

 

『他のタレント「運命とは?」

 所ジョージ 「答えが見つからなかった時に使う言葉

        諦めた時に言ってしまうよね 運命って」』

                               以上

 

 

第三話(転)

先日たまたま自分の手帳をパラパラめくっていたら、

こんなことが書いてあるのを見つけました。

体験して はじめて身につくんだなあ(相田みつを)』

つまずいたっていいじゃないか にんげんだもの(相田みつを)』 

                                      以上 

 

 

第四話(結)

先日ふっと言葉が出てきました。

つまりこういうことかな? どうだろう 無理ないかな?(苦笑)

 

『バッターボックスに実際立ってみて

 バットを振ってみなくちゃ分からないよね。

 体験してはじめて身につくんだよね。

 夢の捕まえ方って。』

 

『自分の責任で答えが見つかるまで仮説検証と学習を続けることだよね。

 答えが見つからないのを運命のせいにしてしまったらそこまでだよね。

 何度つまずいたっていいんだよ オレたち にんげんなんだから。』 

                                         以上

 

2017年4 月25日

NO.211-1(メインコラム)The last piece of the jigsow(puzzle)の見つけ方

今回のタイトルは、「The last piece of the jigsow(puzzle)の見つけ方」 です。

 

ジグゾーパズルをやったことが無い方はいらっしゃらないと思います。

開始そうそう2つ目のピースが見つからずイライラしてゲームを諦めてしまったこと、ありませんか? 

ピース数の多いものは特に見つかり難いですよね。

 

子供のころ堪え性の無かった私は、序盤のこのイライラでゲームを投げ出してしまったことを覚えています。

 

さて今回のタイトルにあるThe last piece of the jigsow(puzzle)、

直訳すると「ジグゾーパズルの最後の一片(ピース)」ですが、

英語圏ではこれを比喩(ひゆ)的に

「何かを完成させるために必要な最後の要素」あるいは「問題解決のための最後の鍵

という意味で使われています。

 

さらにこの比喩的表現が言わんとするのは、

『ゲーム序盤、中盤において決して姿を現すことの無い「最後のピースX(「最後の鍵」)」が、

残り1つまで詰めた状態にしてほっておけば、そのうちXは自分から姿を現す。』

ということです。

 

では仕事の中で見てみましょう。

「何かを解決したい。でもどうしたら解決できるのか? 決めてのXが何か分からない」

と言う時どうするか?

この場合も同じことが言えます。

解決するために必要なものは何か? 

まずは、分かっている要素を並べて置いておく。

要素A + 要素B + 要素C +(要素X)=〇〇の問題を解決したい

 

必要な何かが足りない この(要素X)は何か?

 

あとは、脳が勝手に働くのに任せてほっておく。

するとあら不思議、それまで正体が分からなかった「最後の鍵となる要素X(The last piece)」が頭の中に姿を現します。

 

さいごは、それを嵌(は)め込んで問題解決です。

 

どうでしょうか?

 

ではキャリアの中で見てみましょう。

「自分がやりたいことを成し遂げたい。でも何を身に付けたら成し遂げられるのか? 

決めてのXが何か分からない」と言う時どうするか?

自分の能力、経験は何か?

自分の足りない能力、経験は何か?

まずは、思い付くものを書いてみましょう。

 専門A + プチ専門B + プチ専門C +(専門X)+ 教養①=〇〇を成し遂げたい

 

必要な何かが足りない この(専門X)は何か?

 

この場合も、この未完成の状態のまま、あとは脳が勝手に働くのに任せてほっておく。

するとそのうち「最後の鍵となる専門X(The last piece)」は自分から正体を現します。

 

さいごは、それを嵌(は)め込んで行動計画完成です。

 

さいごに「最後のピースX」のお話をもう1つ。

私事ですが、

昨年の春、「これまで自分が1度も行ったことの無い都道府県はどこなのか?」という問題がふっと頭の中に浮かびました。

さっそく自分の記憶を辿りながら日本地図を前にして確認を始めました。

 

すると1度も行ったことが無かったのは「秋田県」「鳥取県」「島根県」「徳島県」の4県であることが判明しました。

  

もし行ったことの無い県の数が10とか20だったら、脳は私に向かってこの問題を投げ掛けなかったと思います。

 

そこでこんどは 私が脳に向かってこう言いました。

「そうだ、4県に行こう!」

 

2017年3 月30日

NO.210-1(メインコラム)モデリングは最強の学習法

私は入社したトヨタ自動車の新入社員研修で、

「トヨタ自動車は、その揺籃(ようらん)期にフォードを徹底的にモデリングして、世界的企業に成長する礎を得た」ことを知りました。

これが私とモデリングという言葉との出会いです。

 

ちなみに、ウイキペディアでは、「モデリング」を次のように説明しています。

『モデリング(: Modelling)は、心理学用語のひとつ。何かしらの対象物を見本(モデル)に、そのものの動作行動を見て、同じような動作や行動をするのがモデリングである。人間(主に子供)の成長過程では、モデリングにより学習・成長するとされている。思春期から大人にかけての時期では、憧れの意識から、対象の人物に少しでも近づきたいという心理が発することがある。また、芸能人ファンが、その対象人物のファッション仕草などを真似るのは、モデリングのひとつである。』

 

また、教育論の教科書は、「モデリング」を次のように説明しています。

『技能(スキル)学習のステップは、一般的に「見本を見せる(モデリング)→それを試行させる→試行の結果をフィードバックする→練習させ、勇気づける→成果を評価する」というプロセスをとる。その中で、見本を見せること(モデリング)による学習は特に重要である。』

 

さて、今回「モデリング」をテーマとして取り上げたのは、

私の「モデリング」に関する問題意識からです。

・実は、意外と多くの方々が、学習法としての『モデリングの凄さ』に気が付かぬまま、他の学習法(例えば自己流など)を選択しています。

・また、意外と多くの方々が、守破離の“守”を無視して 次のステップの“破る”“離れる”を実施しています。

 

そこで、研修などでモデリングについて(分かり易く「猿マネする」と言い換えて)お話をしています。

 

【モデリング(マネする)の仕方】

自分の能力を過信せず、見栄を捨てて、自分の欲する結果を明確にした上で、

自分の欲する結果を既に得ている人・対象(モデル)を自分の人生を掛けて探し出す

モデルを身近で観察するために、モデルの生徒か弟子かパートナーか知り合いになる。

・モデルのやっている、やり方、行動、考え方、思考法をじっくり観察して

 100%猿マネで技能、智慧、スキル、考え方、経験を身に付ける(モデリング)。

 

要は初めから「自分らしさ」にこだわらないということです。

初めから「自分らしくないとダメだ」などと難しいことを考えないことです。

まずは、お手本を見つけて、お手本を猿マネして、必要なスキル、必要な能力を身に付けてしまう。

「自分らしさ」は次のステップです。

我流でああでもないこうでもないと迷っていると、いつまでたっても身に付かないまま

アッという間に老いてしまいます。

 

おわりに

自分の欲する結果を得るためのモデリング」は、

犯罪にも影響を与えてきたことを 実例で紹介します。

 

【モデリングの連鎖】

1960年4月12日

フランス自動車王プジョーの孫エリック坊やが誘拐される。

(エリック坊やは無傷で救出される)

1960年5月16日

世田谷区で雅樹ちゃん(6才)誘拐殺人事件が起きる

(犯人の本山は4/14付の新聞で見た「エリック坊や誘拐事件」をヒントに誘拐を計画する)

1963年3月1日

映画「天国と地獄」(監督:黒澤明)封切される

(映画監督の黒澤は「雅樹ちゃん誘拐事件」をヒントに映画「天国と地獄」を作成する)

1963年3月31日

台東区で吉展ちゃん(4才)誘拐殺人事件が起きる

(犯人の小原は映画館で見た「天国と地獄」の予告編をヒントに誘拐を計画する)

 

以上

2017年3 月 1日

NO.209-1(メインコラム)警告音は鳴っていませんでしたか?

私は持ち物に対するこだわりが無い方なのですが、手帳だけはこだわりがありまして、

「書き込みスペースが多い点が気に入り」10年前からずっと変わらずダイゴー製の商品番号E1042

(B5判 257×182mm)を使っています。

 

毎年12月になると「今年の手帳」から「次の年の手帳」切り替えるのですが、

切り替える際、新しい手帳に「書き移すメッセージ」が2つあります。

 

1つは、

『経営の中でもっとも深刻な問題は「人の短期指向・局所指向の強さ」 にある。

本質的な問題に手をつけず、数値化し易い 短期的・局所的指標で経営状況を判断して、

部下を叱咤しても、成果に結びつかない。』

 

もう1つは、

『経営に使える指標は3つ

1つ目は「社員のやる気

2つ目は「顧客・取引先の評価

3つ目は「キャッシュフロー

この3つの指標が、「上向き」なのか「下向き」なのか「横這い」なのか

定期的にチェックして早めに手を打つ。』

 

以上2つのメッセージです。

 

この2つのメッセージが私の仕事を支えています。

 

この2つのメッセージを

いま旬な話題、東芝のガバナンスの問題に照らして一緒に考えたいと思います。

直近の新聞記事のタイトルを見ますと、

「東芝が債務超過の危機」「東芝、自己資本増強に向けて時間との戦い」など、

東芝の経営が抜き差しならぬ状況にあることを伝えています。

 

各紙の記事を総合すると、

ことが表面化したのは、

2015年に内部告発により初めて発覚した「不正経理処理」に端を発しているとのこと。

ことの原因は、

歴代3社長が、08年9月のリーマン・ショック後に起きた世界的な景気後退や、

社運を賭けて買収したWEの業績が11年3月の東電福島原発の事故を受けて劇的に悪化する中、

「チャレンジ」と称して、各事業部門に利益の上積みや損失の圧縮を厳しく求めたことによるとのこと。

 

そのチャレンジの中身は、

①パソコン事業における「買戻しを前提とした取引先への部品の高値押込み販売

②半導体事業における「在庫の評価損の未計上

③インフラ事業における「工事進行基準に基づく損失引当金の未計上

④映像事業における「取引先に対する請求書発行の先送り要請

とのこと。

 

渦中にいた社員のモチベーションは、

・西田さん(当時の社長)の発言「利益は言われた通りに数字をつけておけばいいんだ」

が組織の末端まで浸透した(Aさん)。

・私も「こんなことでいいのか」とずっと思っていたが、

自分1人が発言すればどうかなるというレベルの話ではなかった(Bさん)。

・私も一介のサラリーマン。上司に逆らってまで言えない組織風土になっていた(Cさん)。

とのこと。

 

以上の情報を、3つの経営指標に照らし合わせて東芝の経営状態を診てみましょう。

こんな感じでしょうか?

東芝は

①上司に“逆らえない”“物言えない”組織の中で、社員のやる気がどんどん損なわれ、

②自分達の都合で取引先に余計な負担を強いて、取引先の評価がどんどん損なわれ、

③「選択と集中」に踊らされた経営者が、体力を超えた巨額の「投資キャッシュフロー」を決定していた。

 

きっと早い段階から、

3つの経営指標は、警告音を出していたはずです。

 

シンクレイト(降下率)    シンクレイト(降下率)

 

ウープ・ウープ  プルアップ(引き上げろ)  プルアップ(引き上げろ)

 

ウープ・ウープ  プルアップ(引き上げろ)  プルアップ(引き上げろ)

 

1つ目は「社員のやる気」・・・・

2つ目は「顧客・取引先の評価」・・・・

3つ目は「キャッシュフロー」・・・・

 

激突音

 

ボイスレコーダー終了

 

警告音は鳴っていませんでしたか?

2017年2 月 4日

NO.208-1(メインコラム)給料をもらうという働き方

先日、地元 杉並区の中学校から講師の依頼がありました。

 

中学2年生に向けて、

「ご自身の体験から、今、中学生にとって必要なことは、何か」

というテーマで授業をやって欲しいとのお話し。

 

お受けすることにしたものの、

さてさて、「ご自身の体験から・・・体験から・・・」などと考えながら、

まず考えの糸口として、

 

自分のキャリアの中でも一番長く携わり、

現在の日本の就業者の89%もの人が携わっている、

サラリーマン(給料をもらうという働き方)が、いったい いつ頃、どこで、誕生したのか、について調べてみることにしました。

 

 

調べてみると、まず

★日本電車発展史(保育社)という本の中に「サラリーマン(腰弁)」に関する次の記述がありました。

 

『工場ができ官庁や会社が立ち並ぶようになると都会では

通勤という現象が起きてくる。

腰に弁当をさげた(腰弁)勤めの人の姿は明治40年の島崎藤村の短編「並木」にも

描かれているが、東京大阪などでは路面電車の発達が徒歩から電車利用による通勤圏の拡大をすすめた。』

 

 

次に、この本に出てきた「通勤という現象」という言葉をキーワードに調べてみると、

★明治33年(1900年)の朝日新聞に次の記事がありました。

 

『最近、東京の省電で、腰に弁当を提げた人たちが乗車している一風変わった景色がみられるようになった。

毎朝自宅を出て勤め先まで省電を使って通う人たちである。ちなみに当新聞社で

調査したところによると、現在、我が国の成人男子の内、平日昼食を自宅で取っていない人は3%もいるそうである。』と。

 

 

少し驚きだったのは、

つい120年前まで、我が国の成人男子のほとんどは、昼食を当たり前のように自宅で取っていたという事です。

 

 

★厚労省の資料で1900年当時の就業状況を調べてみると、

 

農林漁業(第一次産業)従事者は7割、

商業(第三次産業)従事者が2割、

モノ作り(第二次産業)従事者が1割、です。

 

自宅ランチ派が多いのは、2/3以上の人が農林漁業に従事していたことも理由として考えられそうです。

 

 

次に先ほどの本「日本電車発展史(保育社)」に出てくる

島崎藤村の短編「並木」を確認してみると、作中に次の記述があります。

 

『近頃 相川の怠けることは会社内でも評判に成っている。一度弁当を腰に着けると、

八年や九年位提(さ)げているのは造作も無い。齷齪(あくせく)とした生涯を塵埃(ほこり)深い巷(ちまた)に送っているうちに、最早(もう)相川は四十近くなった。

もともと会社などに埋(うず)もれているべき筈(はず)の人では無いが、年をとった

母様(おふくろ)を養う為には、こういうところの椅子にも腰を掛けない訳にいかなかった。』と。

 

 

少し驚きだったのは、 

主人公の相川というサラリーマン(腰弁)主人公の気持ち、

「プライドを捨ててしまえば腰弁(サラリーマン)を続けるなど訳ない(造作も無い)ことだ。」その一方で

「何も好きこんので腰弁(サラリーマン)を続けている訳ではない。」

など、現代のサラリーマンにも彼の心情が理解できる内容だった事です。

 

 

 

おやおや、中学2年生に何を話そうかと思案していたつもりが、いつの間にか110年前の腰弁の世界に入り込んでしまいました。

 

話を授業に戻します。

 

 

【授業の中盤はこんな感じかな?】

 

さてさて、中学2年生の皆さん、ここから大事なところです。

 

相川氏が生きた110年前は、人生60年の時代でしたが、西暦2000年以降に生まれた皆さんは、2人に1人が「100歳以上生きる」と言われています。

 

人生100年時代の到来です。

 

寿命が延びる一方で、生活基盤に目を向けると、既に、年金が破綻し始め、人の知識労働の一部がAIに代替され始め、中国・インドの中間所得層が知識労働者として台頭し始めています。

 

そんな状況の中、「給料をもらうという働き方(サラリーマン)」をこれまでの様に(相川氏の様に)造作も無く続けようとしている人が今、正規社員、非正規社員の区別

なく脱落し始めています。

 

 

さて では どうしたら良いのか? 彼ら彼女らに何を伝えようか?

 

 

【授業の最後はこんな感じかな?】

 

まずは、一生ものの

 

「学び続ける習慣」と「相手に共感する習慣」と「自分の考えを考える習慣」。

 

この3つの習慣を造作をかけて身に付けるよう 今日から 心掛けて下さい。

 

この3つの習慣は人生の最終兵器です。

 

大人になってからこれを身に付けようとすると苦労するからね。

 

 

【最後に】

 

このブログを読んで頂いた皆さんは、彼ら彼女らに何を伝えたいですか? ぜひ教えて下さい!