LCEキャリア開発アカデミーは「(新)働き方」の 導入支援をさせていただいています!

2017年11 月30日

NO.218-1(メインコラム)「地方の危機を救う]

今回のテーマは「地方都市の危機を救う」です。

 

地方都市に行く機会の多い方は感じていらっしゃると思いますが

この10年程の間に県庁所在地も含め地方の都市はどんどん活力を失っています。

 

町一番の繁華街のアーケード街でさえシャッターが閉まっているお店が多いこと。

町の中心地でさえ暗くなるとライトを点灯したクルマは行きかうものの人通りがないこと。

 

こうした現状について当地にお住いの方々に「どう感じられますか?」とお聞きすると、

「これも時代と言うかしかたがない」

「東京みたいに人が多すぎるところは嫌いなので余り気にしていない」

「郊外に新しく大型店舗ができたので不便は感じていない」

など

たまに訪れる私のようなよそ者の感覚と

そこに住み続けている方々の感覚との違いなのか

当地の方々からは「活気が失われている」という危機意識が伝わってきません。

 

そこで今回自分の頭を整理する意味もあり、

私が最近訪れた都市の活気度を外者の肌感覚ですが(異論を承知のうえで)

Aグループ(活気上向き)】、【Bグループ(活気下向き)】、【Cグループ(SOS)】

の3グループに分類してみました。

 

Aグループ(活気上向き)】

東京23区、名古屋市(愛知)、京都市(京都)、広島市(広島)、福岡市(福岡)、

 

Bグループ(活気下向き)】

仙台市(宮城)、新潟市(新潟)、長岡市(新潟)、宇都宮市(栃木)、富山市(富山)、

金沢市(石川)、福井市(福井)、甲府市(山梨)、三島市(静岡)、静岡市(静岡)、

岐阜市(岐阜)、大垣市(岐阜)、大阪市(大阪)、堺市(大阪)、明石市(兵庫)、

高知市(高知)北九州市の小倉区(福岡)、久留米市(福岡)、熊本市(熊本)、

鹿児島市(鹿児島)、長崎市(長崎)

 

Cグループ(SOS)】

青森市(青森)、盛岡市(岩手)、秋田市(秋田)、村上市(新潟)、燕市(新潟)、

三条市(新潟)、十日町市(新潟)、六日町市(新潟)、糸魚川市(新潟)、茅野市(長野)、

銚子市(千葉)、小松市(石川)、富士宮市(静岡)、豊橋市(愛知)、一宮市(愛知)、

桑名市(三重)、大津市(滋賀)、神戸市(兵庫)、山口市(山口)、下関市(山口)、

北九州の若松区(福岡)

 

以上です。

 

では「地方が活気を取り戻す」にはどうしたら良いのか?

 

地方の危機を救うべく2008年から始まった「ふるさと納税」は

①いつの間にか「豪華な特産品」をゲットするための制度となり、

 豪華返礼品代、送料、職員人件費、広告費が膨らみ赤字の自治体が出ている。

②自治体と企業との癒着が指摘されている。

 

など 現在さまざまな問題を抱えていると聞きます。

 

どうも私たちはお役人や政治家が考えだす制度に対して目を光らせないと

ダメなようです。

 

では他に私たちが出来ることはあるのでしょうか?

 

私が考えるに、

先ほどの分類(私の肌感覚ですが)で、

生まれ故郷が【Cグループ(SOS)】の方で、

現在【Aグループ(活気上向き)】又は【Bグループ(活気下向き)】に住んでいる人全員が、

贈答品や日常品(食材など)を日々意識して【Cグループ(SOS)】の生産者から購入し続けることで、

地盤沈下を多少でも食い止めることが出来るのではないかと考えます。

 

贈答品であれば、贈られた人が「良いね」と感じてくれたら贈答の輪が更に拡がります。

日常品であれば1回の金額は少なくても「塵も積もれば山」となります。

 

誰もが今日から始められることだと思いますがいかがでしょうか?

 

100年後、日本の景色はどうなっているのか?

学生時代、アメリカのガソリンスタンドでスタッフが言ったコメントを思い出します。

「次の町までクルマで1時間掛かります。その間お店もガソリンスタンドもありません。」

 

                                                以 上

2017年10 月 1日

NO.217-1(メインコラム)青雲の志

今回のテーマは「青雲の志」です。

14世紀にイタリアで始まり、やがて西欧各国に広まったルネッサンスは、大富豪のメディチ家が、

彫刻家から科学者、詩人、哲学者、画家、建築家まで「青雲の志」を持った異分野の多彩な人材を

フィレンツェに呼び集めたことで化学融合が起こり開花したと言われています。

著述家のフランス・ヨハンソンはこの爆発的な開花現象のことを「メディチ・エフェクト

と名づけました。

 

さて現代の日本では先日、文部科学省が東京の一極集中を緩和するために、東京23区内の

私立大学・短大の定員を抑制する旨を告示しました。具体的には、2018年度は定員増を、

2019年度は大学・短大の新設を原則として認めないとの内容です。

 

明治以降日本は、「東京の活力」が「地方の活力」を生み、それがまた東京に跳ね返って

「東京の活力」が再生産されるというプラスの循環を重ね発展してきました。

そしてそのプラスの循環を生み出だす装置の役割を果たしてきたのが「青雲の志」を持った全国の青年を

集めてきた東京の大学です。

まさに「大学・エフェクト」です。

 

日本全国から「青雲の志」を抱いて上京した青年達は、互いに結びつき刺激し合い

卒業後は、

①東京で立身出世して故郷へ錦を飾ることを夢見る者がいて、

②東京で得た知識と経験と人脈を故郷で活かして活躍することを夢見る者がいて、

この2つのバランスが取れてプラスの循環が働いていたのです。

 

ところが近年、「地方出身の大学生の過半数はUターンを希望しているものの、

故郷に仕事の受け皿がなく、結局その過半数はUターン出来ない」という問題が

起こっています。

そのため東京と地方との間のプラスの循環バランスは崩れつつあります。

 

江戸時代に「入り鉄砲に出女」という言葉がありましたが今回、

東京にいる中央官僚はその解決策として「入り青年」を規制することにしました。

 

他の解決策は無いのでしょうか? 考えてみましょう。

 

①案:規制して「入り青年」の数を規制する(←今回の案)。

②案:地方交付金、助成金をバラまいて「出青年」の数を増やす。

③案:神の見えざる手に任せる。

 最後に官僚が一番嫌がる案

④案:中央官庁が地方に出る→官庁寄生型企業が地方に出る→地方に受け皿が出来る。

  

東京にいる中央官僚が考えた出した策は①案でした。

私は④案を支持します。

青年達の「青雲の志」を人為的に制限する策にはどうしても同意できません。

皆さんはどう考えますか?

 

さて夏目漱石の小説に、「青雲の志」を抱いた主人公の三四郎が大学入学のため

熊本から東京に上京することで物語がスタートする「三四郎」という作品があります。

故郷の熊本から東京に向かう車中で同席した男性と三四郎との会話を

最後にご紹介します。

主人公 三四郎のちょっと斜に構えた「青雲の志」が伝わってきます。

 

『「しかしこれからは日本もだんだん発展するでしょう」と弁護した。

すると、かの男は、すましたもので、「滅びるね」と言った。

―― 熊本でこんなことを口に出せば、すぐなぐられる。悪くすると国賊取り扱いにされる。

三四郎は頭の中のどこのすみにもこういう思想を入れる余裕はないような空気のうちで生長した。

だからことによると自分の年の若いのに乗じて、ひとを愚弄(ぐろう)するのではなかろうかとも考えた。

男は例のごとく、にやにや笑っている。そのくせ言葉(ことば)つきはどこまでもおちついている。

どうも見当がつかないから、相手になるのをやめて黙ってしまった。

すると男が、こう言った。

「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より……」でちょっと切ったが、

三四郎の顔を見ると耳を傾けている。

「日本より頭の中のほうが広いでしょう」と言った。

「とらわれちゃだめだ。いくら日本のためを思ったって贔屓(ひいき)の引き倒しになるばかりだ」 

この言葉を聞いた時、三四郎は真実に熊本を出たような心持ちがした。

同時に熊本にいた時の自分は非常に卑怯(ひきょう)であったと悟った。  

その晩三四郎は東京に着いた。髭の男は別れる時まで名前を明かさなかった。

三四郎は東京へ着きさえすれば、このくらいの男は到るところにいるものと信じて、べつに姓名を尋ねようともしなかった。

 

以 上

2017年8 月17日

NO.216-1(メインコラム)私とお酒

今回のテーマは「私とお酒」です。

最近 お酒を飲む時、これまでと異なる感覚が湧き上がることに気付き、

今回 このテーマを取り上げることにしました。

その湧き上がる感覚とは、

「沁みる」とか「しみじみ」とか、笑われるかもしれませんが「感謝」とか。

日本酒がなみなみと注がれたコップに口をつけ、一口目をすすり 舌で味わった後、

喉越しを通過して五臓六腑にまで染み渡った瞬間、目の前で飲んでいる友人の顔が見えて、

そんな感覚が湧き上がってきます(苦笑)。

 

「それでも僕は夢を見る」(水野敬也&鉄拳 著)という本の最後「あなたへの手紙」と題した文章の中に、

友人と酒を飲む箇所があって、その箇所を読んだ時「自分の深層にこんな意識があるのかもしれない」

と思いました。少し長くて恐縮ですが以下に紹介させていただきます。

 

『はじめまして、あなたへ

私は、あなたのことを知りません。そして、あなたも、私のことを知りません。

そんな私からあなたへ、手紙を書くのはおかしなことかもしれません。

でも、ほんの少しでも  時間がもらえるなら、私のわがままに付き合ってください。

私は、今、病院のベッドの上で寝ています。重い病気にかかっています。

たぶん、あなたがこの手紙を読むころには、もうこの世に存在しないでしょう。

だから、生きている  うちに、どうしても あなたに伝えたいことがあるのです。

私は、人生の中で あなたに自慢できるようなことは何もできませんでした。

若いころ、憧れていた職業がありました。でも、その仕事に就くことはできませんでした。

好きになった女性がいました。でも、その女性には振り向いてもらえませんでした。

私が座りたいと思った席には、いつも他の誰かが座っていました。

もし、私の人生を映画にしてあなたに見せたら「なんてつまらない映画だ」 きっと、そう思うでしょう。

私も、そう思います。

でも、今、そのつまらない映画がやっと終わろうとしているのに、

つまらない人生が終わろうとしているのに、

私は、こんな手紙を、誰に届くのかも分からない、もしかしたら誰にも届かない手紙を書いてしまっている。

どうしてこんなことをしているのか、あなたには分かりますか?

私は、怖いのです。死ぬのが、怖いのです。

「これ以上生きたところで 一体何の意味がある? 待っているのはつまらない人生だけだ」 

ベッドの上で、何度自分にそう言い聞かせたかわかりません。

でも恐怖は消えませんでした。

私は、死にたくありません。私は、生きたいのです。生きて、

もう一度好きな物が食べたい。高価なものじゃなくていい。近所のスーパーで材料を買って

作れるものでいい。

友人と酒を飲みたい。酒を飲みながら笑いたい。「つまらない人生だな」と言いながら笑い合いたい。

人を好きになりたい。振り向いてもらえなくたっていい。傷つくだけで終わってもいい。

その人のことを考えるだけで幸せになれるあの時間を、もう一度味わいたい。

夢を見たい。かなわなくてもいい。恥ずかしい思いをするだけでもいい。       

それでも、もう一度、夢を見たい。

つまらない人生を、送ってきました。でも、つまらない人生を送ってきたからこそ、分かることがあります。

それは、そのつまらない人生に、最後の最後までしがみつきたくなるくらい、生きることは素晴らしかった。

私は、これまでずっと、夢をかなえることができたら、自分の人生が輝くと思っていました。

そして、夢をかなえていない私の人生は、何の輝きもない、つまらない人生だと思っていました。

でも、それは間違っていました。生きることが、輝きでした。生きること、そのものが、輝きでした。

あなたは、今、生きている。そのことが、私にはとてもまぶしいのです。』

 

以上です。

 

お酒を、友との触れ合いを、「沁みる」「しみじみ」「感謝」と味わいたいと思う年頃に

なったのかもしれませんが・・・・。

 

さて次に お酒を、友との触れ合いを、より深く味わうための酒場の環境について、

私自身改めて考えてみると、

私の好きな酒場の環境は、次の3つのK「3K」があるお店だという結論になりました。

 

カウンターのK

①カウンター席があり、カウンター席から調理の様子が見える。

 

コスパのK

 ②大将の拘(こだわ)りの日本酒が置いてあって、その拘りの酒を

  1合(「こぼし」なら最高だが)700円以下で振る舞ってくれる。

 ③料理やツマミはコスパが高く、地の食材、旬の食材を出してくれる。

 

気さくのK

 ④店の大将、女将、店員さんが気さくで明るくて話しかけ易い。

 ⑤店のお客さんも気さくで明るくて、この地域のこと、お店お勧めメニューのことなど質問すると

  「喜んで」と言うノリで教えてくれる。 

 

 

しかし、

この「3K」の①~⑤が全て揃ったお店って、案外無いんです(個人の感想です)。

などと言いながら東京に居る時は下記のお店で「酒場放浪記」しています。

 

「3K」の①~⑤の内、私にとって3つのKがあるお店。

【地元JR「西荻窪駅」編】

・「豪」・・・雑誌で知って行くように。

・「扇子」・・・キッカケはふらっと入って。

・「戎北口店」・・・キッカケはふらっと入って。

・「和田屋」・・・キッカケは地元の友人に紹介されて。

・「ささら亭」・・・キッカケは輪島ジム仲間の作家「角田光代さん」に紹介されて。

 

「3K」の①~⑤の内、私にとって4つのKがあるお店。

【西武新宿線「田無駅」編】

・「一国」・・・キッカケはふらっと入って。

 

【西武新宿線「都立家政駅」編】

・「竹よし」・・・キッカケは学生時代の友人に連れられて。

 

 

最後に お願いを1つ。

アナタが好きなお店を 教えて頂ければ 嬉しいです。

ご一緒できれば 更に嬉しいですが。

 

ではまた。

2017年7 月 7日

NO.215-1(メインコラム)いつの間にか

先日の6月30日、日本経済新聞の朝刊2面に、「アメリカのアマゾンが高級スーパーのホールフーズを買収する」

との記事が出ました。

 

その記事の一部を抜粋します。

 

『米アマゾン・ドットコムが高級スーパーのホールフーズ・マーケットを傘下に収める。

1.5兆円を投じる買収劇はネット上の仮想店舗でモノを売る小売業が実店舗に進出する象徴的な

出来事だ。

米国では自動車や医療など各種産業で「ネット」と「リアル」の融合が進む。

だが流れはそこで終わらない。

起きているのは産業の垣根を越えた企業の新陳代謝だ。

(中略)

アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は

ホールフーズ買収の狙いについて、沈黙を守っている。

だが店舗を生かしてアマゾン流のビジネスを拡大するとの予想が主流だ。』 

 

さて今回のこのアマゾンの戦略について更に調べてみますと、

業界内では次のことが噂されています。

 

「アマゾンが世界中のリアル店舗(コンビニ、スーパー)の覇権を狙って、近い将来、

小売店向けシステムの外販を計画している。今回の買収の狙いは、そのシステムの完成に向けた

実験を行うことにある。」と。

ではどんなシステムなのか?

 

【ネット】

お客に、来店前に「商品の選択と決済」をスマフォ上のアマゾンカウントで済まさせてしまう。

【リアル】

お客来店時に、店内に設置されたカメラ、センサー、AI(人工知能)を駆使して商品とお客を自動で

マッチングさせ(商品引き取りを行い)、小売店の「レジ無し化」を実現する。  

 

以上、どう思われますか?

 

数年前までのアマゾンでしたら、

「新興会社が、しかも専門外分野で、そんな大それたことを」と誰もが思いましたが、

冒頭の新聞記事が出た2017年6月30日時点の「世界の時価総額ランキング」を確認し

てみますと、

(因みに時価総額とは、「発行済み株式数×その時点の株価」で算出され、

「市場から見た企業価値」を表すものです。)

 

いつの間にかアマゾン・ドットコムは、世界4位の462.68(単位10億ドル)。

・日本トップのトヨタ自動車は、いつの間にか世界48位の144.52(単位10億ドル)。

いつの間にか市場は、アマゾンに対してトヨタの3.2倍の企業価値を付けています。

  

【時価総額ランキング(2017年6月30日時点、単位10億ドル)】

(1)アップル(アメリカ) 750.90

(2)アルファベット(アメリカ) 635.84

(3)マイクロソフト (アメリカ) 532.18

(4)アマゾン・ドットコム (アメリカ) 462.68

(5)フェイスブック (アメリカ) 437.57

(6)バークシャー・ハサウェイ (アメリカ) 418.31

(7)アリババ・グループ・ホールディング (中国) 356.39

(8)ジョンソン&ジョンソン (アメリカ) 356.37

(9)エクソン・モービル (アメリカ) 342.07

(10)テンセント・ホールディングス (中国) 339.42

  ・

  ・

  ・

(48)トヨタ自動車 (日本) 144.52

 

以上、どう思われますか?

 

我々もいつの間にか「ゆでガエル」にならぬよう、AI新世紀のこそ、

起きていることに目を向け、その先を自分の頭で考え、判断し、行動すること」

が求められているのかもしれません。

 

さて、冒頭の日本経済新聞の記事。記者は次のように締めくくっています。

それを最後にご紹介します。

『ベゾスCEOは創業精神の衰えを「死を伴う停滞」と表現する。

業態論を越えた鬼気迫る成長への覚悟が産業地図を塗り替える。

ホールフーズの買収は日本企業にとって対岸の火事ではないはずだ。』と。

2017年6 月23日

NO.214-1(メインコラム)「趣味のAI]

NHKの番組に「趣味の園芸」という50年以上も続く長寿番組があります。

専門家が季節の植物を紹介してその育て方や楽しみ方を分かりやすく解説する番組です。

その番組の趣旨にあやかって今回のテーマ名を「趣味のAI」としました。

 

まず、「趣味のAI」の「趣味」について 私の思うことを。

ウィキペディアに「趣味」とは、

人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返し

おこなう行為、事柄やその対象のこと。』と出ていますが、

私は、「生理的必要時間や労働時間中であっても、それを好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、

であれば それは趣味である」と勝手に思っています。

どうでしょうか?

 

では、実際お会いした人に「あなたの趣味は何ですか?」と質問すると、

どんな答えが返ってくるのでしょうか?

私の経験では次のどちらかの人が多いです。

・「えっ 趣味ですか?」と聞き返して「なんだろう?」で暫く答えが出てこない。

・「えっ 私ですか?」と聞き返して「なんだろう?」で暫く答えが出てこない。

私は、「自由時間に自分が好んで習慣的に繰り返しおこなう行為」に関して、

多くの人が日々に追われ普段あまり気に留めていないのだと思っています。

どうでしょうか?

 

次に「趣味のAI」の「AI」について 私の思うことを。

皆さんご存知のように現在、囲碁界、将棋界においてAIの圧倒的な実力の前に名人が敵わなくなっています。この結果は、AIの製作者が、

①過去に人が打った大量のデータを入力してディープラーニング(深層学習)させる。

②AI同士を継続的に自己対局させてレベルアップ(強化学習)させる。

この2つの手法を組み合わせて「自分のAI」を「無敵のAI」に育て上げたことで

可能になったと言われています。

そしてこの2つの手法を誰もが簡単に使いこなせる時代が目前に来ているとも言われています。

 

私は、こうした流れの中で近い将来(10年以内に)、

「自分のAI」に自分で栄養分(データと学習機会)を与えて、AIを自分の手で育成する楽しみを紹介する「趣味のAI」という番組が登場すると考えています。

 

その番組が扱うジャンルは囲碁、将棋にとどまらず、

「多くの人が一番おいしいと感じる〇〇料理のレシピ」の育てかた

「一番ガンにならない生活習慣」の育て方

「一番当たる今日の運勢」の育て方

「一番成功確率が高いブルーオーシャンな新サービス」の育て方

「一番確実な株式投資先」の育て方

 

など人の趣味興味を反映してさまざまなジャンルを扱います。

 

現在、マスコミは「AIが人の仕事を奪う」と「AI脅威論」を盛んに喧伝していますが、

私は、AIを自分の手の内に入れてしまえば楽しくなると思っています。

どうでしょうか?

 

さて最後に、私事(わたくしごと)ですが、

私は人から「アナタの趣味は?」と聞かれると、

これまでは、

「人・本・地方・酒場」と答えていましたが、

 

最近は、少し照れながら、

「人・本・地方・酒場、とAI」と答えています。

 

ところでアナタの趣味は 何ですか?

AIを追加してみませんか?

本年10月に予定している久我山亭「AI勉強会」にご興味ありませんか?