メイン

2012年10 月24日

NO.127-2(NO.127-1関連その1)向き合わない

今回は、「127-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、「老いの才覚」(曽野 綾子 著)です。

 

曽野さんは「長い間生きていると、気づくこともある」言っています。

 

「老いの才覚」(曽野 綾子 著)

 

☑超高齢化社会を迎えているが、年を重ねても自立した老人になる方法を知らない人間が増えている。マスコミでは、引きこもりの子供、フリーターなどをニュースで騒ぎ立てるが、実は、年の取り方を知らないわがままな老人が増えていることこそが大問題である。日本の将来に対しても、自立した老人になるためにも、老いの才覚=老いる力を持つことが重要なのである。その老いる7つの力とは、

①「自立」と「自律」の力 

②死ぬまで働く力 

③夫婦・子供と付き合う力 

④お金に困らない力 

⑤孤独と付き合い、人生を面白がる力 

⑥老い、病気、死と馴れ親しむ力 

⑦神さまの視点を持つ力

 

☑老人が健康に暮らす秘訣は、生きがいを持つこと。つまり、目的を持っていることだと思います。私の母が晩年、私に目的を与えてくれ、と言ったことがありました。老人性の軽い鬱病になっていたのかもしれませんが、私は「それはできません」と答えたのを覚えています。だれに対しても、他人は目的を与えることはできない。その人の希望を叶えるために相当助けることはできます。しかし、目的は本人が決定しなくてはなりません。それは、若者であろうと、アフリカの片田舎に生まれようと、ニューヨークの摩天楼の下に生まれようと、同じことです。

 

☑若い時は、見栄を張ることもあるでしょう。しかし長い間生きてくると、見栄を張っても仕方がない、と気づく。晩年が近づけば、何もかも望み通りにできる人など、一人もいないことが体験的にわかってくる。「分相応」を知るということは、長く生きてきた者の知恵の一つだと思います。

 

☑自分はどういう人間で、どういうふうに生きて、それにどういう意味があったのか、それを発見して死ぬのが、人生の目的のような気もします。私も含めてほとんどの人は「ささやかな人生」を生きる。その凡庸さの偉大な意味を見つけられるかどうか。それが人生を成功させられるかどうかの分かれ目なのだろう、と思います。

 

☑その人の生涯が豊かであったかどうかは、その人が、どれだけこの世で「会ったか」によって、はかられるように私は感じています。何も見ず、だれにも会わず、何事にも魂を揺さぶられることがなかったら、その人は、人間として生きてこなかったことになるのではないか、という気さえします。

 

☑結論を私流に簡単に言うと、人生はどこでどうなるかわからないから、それを待ったほうがいい、ということです。人間は、いくつになっても、死の前日でも生き直すことができる。最後の一瞬まで、その人が生きてきた意味の答えは出ないかもしれないのですから。

2012年10 月21日

NO.127-1(メインコラム)向き合わない

今回のテーマは、「向き合わない」です。

地盤がずるずると沈み始めている。でも地面に立っている人たちはその事実に向き合おうとはしない。

私たちの周りを見渡すと、結構あります。

 

■自分たちの地盤(国)がずるずると沈み始めていることに向き合わない国民。

【必要条件】

国民のためではなく“自分の選挙のため” 一票の格差を無視し金を地元にばらまき続ける政治家

国のためではなく“自分の出世のため”予算獲得(復興予算まで横取り)に頑張る官僚

【十分条件】

自分の利益ため”票と引き換えに政治家にタカる国民

 

 

■自分たちの地盤(会社)がずるずると沈み始めていることに向き合わない社員と経営者。

【必要条件】

自分の保身と不勉強ゆえ”現場よりトップの意向に流される上司

自分の保身と不勉強ゆえ”部下の手柄を横取りする上司

自分の保身と不勉強ゆえ”上司に対して何でもお伺いを立てる部下

自分の保身と不勉強ゆえ”上司に対して「そうはおっしゃいますが」と自分の考えを主張できない部下

【十分条件】

自分の保身と無能ゆえ”自分の言うことを聞く順応な人物を次期社長に指名する会長

(言うことを聞かなくなったらイギリス人のように即刻クビ)

自分の保身と無能ゆえ”自分の社長に引き上げてくれた会長の路線を変更できない社長

 

 

■自分たちの地盤(家庭)がずるずると沈み始めていることに向き合わない夫婦。

【必要条件】

男の沽券に賭けて”「妻との価値観の相違」ではなく「妻の価値観そのもの」が許せない夫

【十分条件】

女の意地に賭けて”「夫はこうあるべき」と“べき論”、「うちの夫は普通じゃない」と“普通論”をふりかざす妻

 

以上。 どうですか?

みんな頑張っているのに、いつの間にか自分が立っている地盤が沈み始めている。

パロディーです。

『一部の人たちは気付いているけど、誰にも止められない』という側面もあるかもしれませんが・・・・。

いずれにしても、外部から破壊力あるインパクト(「黒船来襲」か「第二次世界大戦の敗戦」級の)を受けないと、 目が覚めないとしたら残念です。

身の周りから行動を始めませんか? 

私は『キャリアコンサルタントとして身の周りから動き始める!』と微力ながら覚悟を決めました。

2011年11 月 4日

NO.85-3(NO.85-1関連その2)意志決定する力

今回、(85-1のメインコラム)の関連資料としてご紹介するのは、「直観力マネジメント」(ユージン・サドラースミス 著)です。

 

著者は「判断に際し、まず直観的なこころを認めることが大切であると言っています。

 

大変示唆深い一冊です。

 

Line

                  「直観力マネジメント」(ユージン・サドラースミス 著)

直観的なこころを認めること

わたしたちには二つの・・・一つは分析的、もう一つは直観的な・・・こころが備わっていて、どちらも進化の産物である。直観的なこころにしても分析的なこころにしても、リーダーやマネージャーの判断や決断に対するそれぞれの「助言」が正確だという保証は何もない。二つのこころの最善の働きを引き出すには、いつ、どんなふうに利用するかを知っていなくてはならない。直観的な知性の磁石は、「直観が働くとき、何が起こるか」「直観が働いたとき、何が起こったか」と問いかけることだ。

 

思考モードのギアを入れ替えること

●自分を知る:自分の思考の傾向性はなんとなくわかっているかもしれない。思考のコンフォート・ゾーンから踏み出すには、自分が分析的タイプか直観的タイプかを知っている必要がある。あなたはどちらだろう?

●練習:思考のコンフォート・ゾーンから踏み出すには、同じ状況で違うアプローチを試してみることが必要だ。現実の状況で直観を試すのは自分にとってもまわりにとってもリスクが多きすぎるかもしれない。それには不安が生じるだろう。不安はどんな学習にとっても大きな障害になる。どんな状況がよい「練習台」になるだろう?

●フィードバック:自分にあまりなじみのない分野なら、自分の直観や分析がどの程度当たっていたか、フィードバックする必要がある。素直で建設的なフィードバックをしてくれると信頼できるのは誰だろう?

 

直観と洞察や本能を混同しないこと

●直観は洞察と同じではない。

●洞察は新しい結びつきを見せてくれる。

●直観は新しい結びつきを感じさせてくれる。

●むやみに分析に頼ると、新しい結びつきが見えなくなり、新しい見方で世界を見ることができなくなる可能性がある。

●道徳という本能は、わたしたちの思考や行動が正しいか間違っているかを直観的に見分けさせてくれる。

 

あてになる第一印象、大切な第一印象

直観的なこころに関しては、ほんの少しが大きな意味をもつ。相手のほんのわずかなふるまいから、正確な推測と判断をすることができるからだ。わたしたちは出会って数秒のうちに、言葉や行動で自分に関する大量の情報を発信する。そこでできた第一印象と直観が下した最初の判断は、いつまでも「ついてまわる」ほんのわずかな感覚が相手のこころの状態についてたくさんのことを語り、わたしたちは身体的に反応する。その身体的直観で、相手や相手の状況にどこまで共感するかが決まってしまう。

 

専門能力を養うこと

誰でもなんらかのかたちで直観をもっているし、直観をさらに活用して知識を獲得し、スキルを向上させ、誠実で客観的なフィードバックを求め、よい経験をしてそこから学ぶことはできる。直観的な専門能力を研ぎ澄ますときの支えになるインフラを構築すること、それが直観的な知性の基盤である。

 

直観を表現すること

直観的な判断が正しいとすぐに確信できなくても、とくに職場では直観を言葉にする努力をし、そのスキルを向上させることが不可欠だろう。

①勘や身体的直観に気づき、認め、検討するのに役立つ。

②さらに理解が深まる。

③私生活でも職業生活でもわたしたちは社会的な存在であり、友人、同僚、上司、株主、それに広く社会に対して直観的な判断や決定、行動を正当化し、説明する必要があるし、ときにはそれが義務でもある。

 

頭とハートと勘のバランス

起業家として成功するには、経験(頭)、情熱(ハート)、そしてビジネスの勘の微妙な調和が必要だ。頭が小さすぎると、創造的な直観に必要な原材料が不足する。ハートが小さすぎると、冒険を続けるだけの情熱とエネルギーが湧かない。勘が小さすぎると、どこにビジネスチャンスがあり、どうすれば事業化できるかという微妙な感覚が働かない。

 

直観的な自己に忠実であること

直観的な知性は、ただ知識やスキル、経験を集積していくプロセスではない。マネージャーやリーダーが豊かな情報を踏まえた優れた直観的な判断を生み出しているかどうか実績に基づいて検討するとともに、上司や同僚、従業員、追随者からの建設的なフィードバックも必要になる。「直観的な筋力」は時間をかけて養われ、マネージャーやリーダーは年とともに直観的な「賢さ」を増していく。直観的なこころはわたしたちの頭だけでなく体にもあり、直観的な自己の「頭」「ハート」「手」「腹」にあらわれる。

●頭(直観的な知識)

●ハート(直観的な感情)

●手(直観的なスキル)

●腹(道徳的な本能)

 

2011年11 月 2日

NO.85-2(NO.85-1関連その1)意志決定する力

今回は、「85-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、「イシューからはじめよ」(安宅 和人 著)です。

 

著者は言います。

「多くの人は、マトリックスのタテ軸である「解の質」が仕事のバリューを決める、と考えている。そして、ヨコ軸である「イシュー度」、つまり「課題の質」についてはあまり関心をもたない傾向がある。」と。

 

意志決定に際し、キモとなるポイントですね。

 

Line

                    「イシューからはじめよ」(安宅 和人 著)

 

☑「バリューのある仕事とは何か」 僕の理解では、「バリューの本質」は2つの軸から成り立っている。ひとつめが、「イシュー度」(ヨコ軸)であり、2つめが「解の質」(タテ軸)だ。僕の考える「イシュー度」とは「自分のおかれた局面でこの答えを出す必要性の高さ」、そして「解の質」とは「このイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い」となる。

多くの人は、マトリックスのタテ軸である「解の質」が仕事のバリューを決める、と考えている。そして、ヨコ軸である「イシュー度」、つまり「課題の質」についてはあまり関心をもたない傾向がある。だが、本当にバリューのある仕事をして世の中に意味あるインパクトを与えようとするならば、あるいは本当にお金を稼ごうとするなら、この「イシュー度」こそが大切だ。なぜなら、「イシュー度」の低い仕事はどんなにそれに対する「解の質」が高かろうと、受益(顧客・クライアント・評価者)から見たときの価値はゼロに等しいからだ。

 

☑「よいイシューの3条件」について、紹介しよう。

【条件① 本質的な選択肢である】

インパクトのあるイシューは、何らかの本質的な選択肢に関わっている。「右なのか左なのか」というその結論によって意味合いが変わるものでなければイシューとは言えない。すなわち、「本質的な選択肢=カギとなる質問」なのだ。

 

【条件② 深い仮説がある】

仮説を深める簡単な方法は「一般的に信じられていることを並べて、そのなかで否定できる、あるいは異なる視点で説明できるものがないかを考える」ことだ。その分野に詳しい人へのインタビューが役立つだろう。プロジェクトがはじまった時点でエキスパートや現場の人に話を聞くことで、その分野で共通に信じられているもの、いわゆる「常識」を知ることができる。本などで学ぶことより、こうした「肌感覚の常識」が反証されたときのほうがインパクトは大きい。ビジネスで深い仮説をもったイシューとしては次のようなものがあるだろう。

「拡大していると思われている市場が、先行指標では大きく縮小している」

「より大きいと思われているセグメントAに対し、収益の視点ではセグメントBのほうが大きい」

「販売数中心で競争している市場だが、実は販売数のシェアが伸びるほど利益が減る」

「コア市場のシェアは拡大しているが、成長市場のシェアは縮小している」

 

【条件③ 答えを出せる】

イシューだと考えるテーマが「本当に既存の手法、あるいは現在着手し得るアプローチで答えを出せるかどうか」を見極めることだ。「現在ある手法・やり方の工夫で、その問いに求めるレベルの答えを出せるのか」。イシューの候補が見えてきた段階では、そうした視点で再度見直してみることが肝要だ。

2011年10 月31日

NO.85-1(メインコラム)意志決定する力

今週のテーマは「意志決定する力」です。

人生の分岐点に立ち「右へ行くべきか、左へ行くべきか」悩み苦しむ。

「どうすべきか」考え抜いたけど決められない。周りの人に相談してみたが結論が出ない。

誰もが経験する“そんな時”、どうすれば意志決定できるのか?

今回その意志決定するための「チカラの源」について、キャリアカンセラーの立場からお話します。

 

意志決定の 「チカラの源」 は 「3つのステップ」 で生み出されます。

【第1ステップ】は、「自分の心の声を聴く」です。

どうやって“自分の心の声”にアクセスするのか? 

次の3つ方法で“心の声”を聴いてみてください。

2つ以上で同じ声が聴こえたら信頼性が高いです

(1)手にコインを持って下さい。サッカーのキックオフの要領で、コインを上にトスします。

トスする前に、「もし表が出たら右に行く」、「もし裏が出たら左に行く」と決めておきます。

さてコインの裏表が判明した瞬間、心が「ざわついた」、心が「ワクワクした」のか、分のエネルギーの変化を心身で感じてください。 

 

(2)自分の悩みごとは夢に必ず出てきます。

「右に行かなかったことで後悔している夢」を見たのか、「左に行ったことで幸せになった夢」を見たのか、自分の夢のシーンを心身で味わってください。 

 

(3)もし余命が残り半年だと医師から宣告されたとします。

その場面を想定して自分に問いかけます「本当はどうしたいの?」「何が一番大切な事なの?」と、 自分の願いを心身で感じてください。

 

【第2ステップ】は、「自分の資源(パワー)を棚卸する」です。

シュロスバーグは人生の転換期を乗り越える戦略として4S(4つのS)を提唱しました。

「SITUATION(状況)の整理」、「SELF(自己)の整理」、「SUPPORTS(支援)の整理」、「STRATEGIES(戦略)の整理」の4つです。その中で一番パワフルなのは「SUPPORTS(支援)の整理」です。

自分を支えてくれる人、協力してくれる人、情報を与えてくれる人、モデルになる人・・・・・・・・・・。

思い当たった相手の人に自分の思いを素直に伝えてください。

意外ですが、「“特段 親しくない人”がキーマンだった」ということの方が多いです

 

【第3ステップ】最後は、「一休和尚の言葉を 壁を乗り越える力に変える」です。

『 この道を行けば、どうなるものか

   危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし

    踏み出せば、その一足が道となり

     その一足が道となる 迷わず行けよ   

行けば分かるさ 』                       

「成功も失敗もできる人生を楽しむ」 という教えです) 

以上です。 「3つのステップ」、けっこう使えますよ!

Line

                                                 

Kimo

 

  迷わず行けよ  行けば分かるさ !