« NO.74-2(NO.74-1関連その1)”メラビアンの法則”を超えて | メイン | NO.75-1(メインコラム)活力循環で三大疾患に向き合う »

2011年8 月 5日

NO.74-3(NO.74-1関連その2)”メラビアンの法則”を超えて

今回、(74-1のメインコラム)の関連資料としてご紹介するのは、ダニエル・ピンク著作の「ハイ・コンセプト」です。

 

ダニエル・ピンク氏が語る「6つの感性」の内の1つ 人に対する“共感や思いやり”の心に、

私は “メラビアンの法則”を超える普遍性を感じます。



Line

                「ハイ・コンセプト」(ダニエル・ピンク 著)

 

☑過去150年を「三幕仕立てのドラマ」に例えてみよう。

第一幕は「工業の時代」だ。

第二幕は「情報の時代」である。

そして第三幕が「コンセプトの時代」である。

中心となる登場人物は、クリエーターや他人と共感できる人たちである。彼ら彼女らの際立った資質は、右脳思考を身につけている点だ。

 

☑この新しい時代を動かしていく力は、これまでとは違った新しい思考やアプローチであり、そこで重要になるのが「ハイ・コンセプト」と「ハイ・タッチ」である。

 

☑ハイ・コンセプトとは、「新たなパターンやチャンスを見出す能力」、「人々を説得させる話のできる能力」、「一見ばらばらな概念を組み合わせ、何か新しい構想や概念を生み出す能力」と定義できる。

ハイ・タッチとは、「他人と共有する能力」、「人間関係の機敏を感じる能力」、「みずから喜びを見出し、またほかの人々が喜びを見つける手助けをする能力」、そして「ごく日常的な出来事についてもその目的や意義を追求する能力」といえる。

 

☑コンセプトの時代においては、全体思考、すなわち左脳と右脳の両方を働かせて考えることが必要になる。そして、左脳思考と右脳思考が融合した「全体思考」を身につけるには「6つの感性」に磨きをかける必要がある。

 

《6つの感性》

①デザイン:

デザインは実用性(左脳思考)と有意性(右脳思考)の組み合わせである。

 

②物 語:

ビジネスで成功するには、ビジネス知識とストーリーテリングを組み合わせる力が必要なのだ。

 

③全体の調和:

全体像を描き、一見無関係なもの同士を結びつけ、印象的で新しい全体思考を構築する能力である。

 

④共 感:

EQの提唱者ゴーマンが、体系的な知識やスキルよりも、共感や思いやりといった情緒的な能力の方が重要であると訴えたが、彼の主張は今や常識化している。

 

⑤遊び心:

冷静でまじめであることを能力の基準とするのをやめて、五番目の感性「遊び心」を高めるのだ。

 

⑥生きがい:

人が追求せずにはいられない第三の幸福は、意義の追求である。自分が最も得意とすることを知り、それを自分以外の何かに生かすことだ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b015390283bf1970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.74-3(NO.74-1関連その2)”メラビアンの法則”を超えて:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。