メイン

2012年10 月31日

NO.128-2(NO.128-1関連その1)誰にも止められない

今回「128-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、「判断力と決断力」(田中 秀征 著)です。

 

「志」がなければ判断の基準を持たないも同然。

 

田中が言うとおり、今の政治家は「志」が低いのでしょう。

 

「判断力と決断力」(田中 秀征 著)

 

☑どんなに良い判断をする人でも、それがタイミングよく実行に移す決断ができなければ、何の意味もない。逆に決断ができても肝心の判断が間違っていれば、一層大きな災厄をもたらすことになる。このように指導者にとって判断力と決断力は全く異なる資質である。 判断力は、経験や学習によって強化することが可能だが、決断力は必ずしもそうではない。生来の性格、使命感や志の強さ、あるいは功名心などによって大きく左右されるものだ。

 

☑もしもチェンバレンが自己の判断力の不足を自覚していたら、もしも、グラディエが自己の決断力の不足を自覚していたら、ミュンヘン会議は全く違う展開になったであろう。 なぜなら、二人は自分の資質を補い合うことに努力を傾けたはずだからである。 しかし、判断力に優れた政治家は、自己の決断力の不足に気がついていてもそれを隠そうとするものだ、そして、決断力に優れた政治家は、ほとんどの場合、自分の判断力の不足に気がつかない。そのことが歴史に取り返しのつかない惨劇を招くのである。

 

☑チャーチルやドゴールの例で理解できるように、優れた判断や決断は、「組織による制約」を突破できる人によってもたらされる。組織の利益に合致することを前提とした判断や決断は、危機や混乱を乗り越えることができない二流のものである。 もちろん、ドゴールにもチャーチルにもその政治生涯を通じて多くの判断ミスがあり、失敗もあった。ただ、第二次世界大戦が開始されてからは、基本的な判断ミスはない。それは両者が何よりも、ナチス・ドイツの本性を正しく判断できたからである。そしてその撲滅を最優先の使命としていたからこそ、両者は重大な決断を即座に、しかも正しくすることができたのだ。

 

☑石橋湛山の“判断”は常に、借り物ではなく独創であった。「私が、いまの政治家をみていちばん痛感するのは、『自分』が欠けているという点である。『自分』とはみずからの信念だ。政治家で最もつまらないタイプは、自分の考えを持たない政治家だ」。

 

☑自分が欠けていれば独自の判断ができるはずがない。湛山が「自分」というのは、「志」と置き換えてもよい。「志」がなければ判断の基準を持たないも同然。判断、少なくとも一貫した判断は一貫した志から生まれるものだ。志の他に、判断を促すもう一つのものは“野望”である。王道か覇道か、それを見極めるには指導者への観察が必要である。

 

☑高杉晋作の判断力と決断力は日本史上でも特筆に値する。その天性の資質はともかくとして、やはり彼の地位に対する徹底した無欲さが澄みきった判断と決断を可能にしたと言わざるを得ない。危機の時代の大勝負は、無欲さの度合いが勝敗の帰趨を決めるのである。

2012年10 月28日

NO.128-1(メインコラム)誰にも止められない

今週のテーマは「誰も止められない」です。

いま『超「入門」失敗の本質』という本が売れています。

20年以上前、この本の原本に当たる『失敗の本質』を読んだ時、著者の鋭い洞察力によって引き込まれるように最後まで一気に読み終えたことを覚えています。

 

ノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、沖縄戦と続く第二次世界大戦前後、当時の当事者(軍部、政治家、昭和天皇)間のパワーバランスの上で各々の保身とプライドとが交錯し、誰の目にも敗戦が明らかな状況の中においてこの戦いを「誰も止める」ことができなかったのです。

新型爆弾(原爆)の1発目が落とされても目が覚めず、2発目の投下されても目が覚めず、 当時の当事者は「本土決戦の準備」を進めていたのです。

 

では「どうやって止めたか?」

 

それは、ジョセフ・C・グルー(開戦時の駐日大使)らの尽力により作られたシナリオ、

① 連合国側が天皇制の廃止を要求するような厳しい条件を放棄する。

② 天皇の終戦の詔勅により、「承詔必謹」の名のもとに戦争を終結させる。

によって日本は上げた手を降ろす環境をアメリカに整えてもらい、終結出来たのです。

つまり「止めてもらった」のです。

 

さてその終戦から72年経った今、 私たちの国 日本は、また再び「誰も止められない」危険な方向へ歩み始めています。

ご承知のとおり、 2012年度予算は、

税収など収入46兆円 + 新規国債発行額44兆円 = 歳出90兆円。

こうした信じられない予算の編成が何年も続き、この国の借金の総額は1000兆円を超えました。

 

国のためではなく自分の選挙のため 少しでも多くの金をばらまきたい政治家たち

国のためではなく自分の出世(省の利益)のため 少しでも多くの予算を獲得したい官僚たち

子孫のためではなく己の利益ため 票と引き換えに「少しでも多くのばらまき」を要求する」国民

 

政治家も官僚も国民も誰も借金創出マシーンのスイッチを止めようとしません。

 

『失敗の本質』の中に、次の一文があります。

「大東亜戦争中一貫して日本軍は学習を怠った組織であった。」と。

私がいた1980年代90年代のトヨタ自動車には、組織に「真実への徹底したこだわり」と「事実から学ぼうとする姿勢」が存在していました。

アナタが所属する組織はどうでしょうか?

「いつか来た道」にならないために、国も会社も個人も今 考える時に来ていると思います。

2012年10 月26日

NO.127-3(NO.127-1関連その2)向き合わない

今回、(127-1のメインコラム)の関連資料としてご紹介するのは、私の大好きな1冊、「人生の実力 2500人の死をみとってわかったこと」(柏木 哲夫 著)です。

 

柏木さんは「死を自覚した人は、あることに気づく人が多い」と言います。

 

「人生の実力 2500人の死をみとってわかったこと」(柏木 哲夫 著)

 

☑私はホスピス医として、患者さんからたくさんのことを教えられた。その第一は、生の延長線上に死があるのではなくて、私たちは刻々死を背負って生きている存在だということである。(何度お聞きしたことか「自分がこんなに早く癌で死ぬなんて計算外である」)

 

☑人生には三つの坂があるとよく言われる。上り坂・下り坂のほかに、「まさか」という坂だ。この「まさか」という現象に私は「矢先症候群」という名前をつけた。多くの患者さんの死に接していると、したいことはそれが出来る時にしておかないと、いつ「矢先症候群」に陥るかわからないとつくづく思う。(何度お聞きしたことか「主人が定年したら、夫婦でゆっくりと温泉にでも、と思っていたその矢先に主人が癌になった」)

 

☑この機会を借りて、皆さんに二つのことをお勧めしたい。それは誕生日に死を思い、結婚記念日に癌を語り合うということである。今は二人に一人は癌になる時代である。三人に一人は癌で死ぬ時代である。となれば、夫婦のどちらかが癌になる確率も、どちらかが癌で死ぬ確率も非常に高い。

 

☑「死」を自覚した人は、多くの人が「自分にしてもらったこと」と「自分がしてあげたこと」を比較してみると、「自分にしてもらったこと」の方がはるかに多い、ということに気づく。結果、「人生最期の成長」へと結びつくのではないかと思う。

 

☑ホスピス医として、その臨床経験を通し、多くの「人生の実力者」と呼べる人に会ってきた。苦況の中にも、生きている証を見ることができ、その状況を幸せと思えるかどうかで、人間の実力が決まる。ホスピス医としては、客観的に見れば、幸せからほど遠い人生の終わりの時に「幸せな人生でした」と言って亡くなった67歳の男性を思い出す。

 

☑死を自覚した時、死んだらどうなるのかは、患者さんにとってはとても大きな問題になる。死後の行先がはっきりしていることは、大きな安心感である。我々の調査によると、「死の受容」を一番しっかりできるのはクリスチャンである。仏教と、特に信仰するものは何もありません、と答えた人は、死の受容に差がない。それは、やはり「死後の行先がはっきりしていない」からではないかと思う。

 

☑臨終の時に、家族が患者にかける言葉、多くはないその一言に、これまでの双方の関係が凝縮して表れるように思う。自分の臨終の時、家族がどんな声をかけてくれるだろうか。少なくとも臨終前に、するべき和解はしておくことが必要である。

2012年10 月24日

NO.127-2(NO.127-1関連その1)向き合わない

今回は、「127-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、「老いの才覚」(曽野 綾子 著)です。

 

曽野さんは「長い間生きていると、気づくこともある」言っています。

 

「老いの才覚」(曽野 綾子 著)

 

☑超高齢化社会を迎えているが、年を重ねても自立した老人になる方法を知らない人間が増えている。マスコミでは、引きこもりの子供、フリーターなどをニュースで騒ぎ立てるが、実は、年の取り方を知らないわがままな老人が増えていることこそが大問題である。日本の将来に対しても、自立した老人になるためにも、老いの才覚=老いる力を持つことが重要なのである。その老いる7つの力とは、

①「自立」と「自律」の力 

②死ぬまで働く力 

③夫婦・子供と付き合う力 

④お金に困らない力 

⑤孤独と付き合い、人生を面白がる力 

⑥老い、病気、死と馴れ親しむ力 

⑦神さまの視点を持つ力

 

☑老人が健康に暮らす秘訣は、生きがいを持つこと。つまり、目的を持っていることだと思います。私の母が晩年、私に目的を与えてくれ、と言ったことがありました。老人性の軽い鬱病になっていたのかもしれませんが、私は「それはできません」と答えたのを覚えています。だれに対しても、他人は目的を与えることはできない。その人の希望を叶えるために相当助けることはできます。しかし、目的は本人が決定しなくてはなりません。それは、若者であろうと、アフリカの片田舎に生まれようと、ニューヨークの摩天楼の下に生まれようと、同じことです。

 

☑若い時は、見栄を張ることもあるでしょう。しかし長い間生きてくると、見栄を張っても仕方がない、と気づく。晩年が近づけば、何もかも望み通りにできる人など、一人もいないことが体験的にわかってくる。「分相応」を知るということは、長く生きてきた者の知恵の一つだと思います。

 

☑自分はどういう人間で、どういうふうに生きて、それにどういう意味があったのか、それを発見して死ぬのが、人生の目的のような気もします。私も含めてほとんどの人は「ささやかな人生」を生きる。その凡庸さの偉大な意味を見つけられるかどうか。それが人生を成功させられるかどうかの分かれ目なのだろう、と思います。

 

☑その人の生涯が豊かであったかどうかは、その人が、どれだけこの世で「会ったか」によって、はかられるように私は感じています。何も見ず、だれにも会わず、何事にも魂を揺さぶられることがなかったら、その人は、人間として生きてこなかったことになるのではないか、という気さえします。

 

☑結論を私流に簡単に言うと、人生はどこでどうなるかわからないから、それを待ったほうがいい、ということです。人間は、いくつになっても、死の前日でも生き直すことができる。最後の一瞬まで、その人が生きてきた意味の答えは出ないかもしれないのですから。

2012年10 月21日

NO.127-1(メインコラム)向き合わない

今回のテーマは、「向き合わない」です。

地盤がずるずると沈み始めている。でも地面に立っている人たちはその事実に向き合おうとはしない。

私たちの周りを見渡すと、結構あります。

 

■自分たちの地盤(国)がずるずると沈み始めていることに向き合わない国民。

【必要条件】

国民のためではなく“自分の選挙のため” 一票の格差を無視し金を地元にばらまき続ける政治家

国のためではなく“自分の出世のため”予算獲得(復興予算まで横取り)に頑張る官僚

【十分条件】

自分の利益ため”票と引き換えに政治家にタカる国民

 

 

■自分たちの地盤(会社)がずるずると沈み始めていることに向き合わない社員と経営者。

【必要条件】

自分の保身と不勉強ゆえ”現場よりトップの意向に流される上司

自分の保身と不勉強ゆえ”部下の手柄を横取りする上司

自分の保身と不勉強ゆえ”上司に対して何でもお伺いを立てる部下

自分の保身と不勉強ゆえ”上司に対して「そうはおっしゃいますが」と自分の考えを主張できない部下

【十分条件】

自分の保身と無能ゆえ”自分の言うことを聞く順応な人物を次期社長に指名する会長

(言うことを聞かなくなったらイギリス人のように即刻クビ)

自分の保身と無能ゆえ”自分の社長に引き上げてくれた会長の路線を変更できない社長

 

 

■自分たちの地盤(家庭)がずるずると沈み始めていることに向き合わない夫婦。

【必要条件】

男の沽券に賭けて”「妻との価値観の相違」ではなく「妻の価値観そのもの」が許せない夫

【十分条件】

女の意地に賭けて”「夫はこうあるべき」と“べき論”、「うちの夫は普通じゃない」と“普通論”をふりかざす妻

 

以上。 どうですか?

みんな頑張っているのに、いつの間にか自分が立っている地盤が沈み始めている。

パロディーです。

『一部の人たちは気付いているけど、誰にも止められない』という側面もあるかもしれませんが・・・・。

いずれにしても、外部から破壊力あるインパクト(「黒船来襲」か「第二次世界大戦の敗戦」級の)を受けないと、 目が覚めないとしたら残念です。

身の周りから行動を始めませんか? 

私は『キャリアコンサルタントとして身の周りから動き始める!』と微力ながら覚悟を決めました。