« NO.133-1(メインコラム)天職をさがして | メイン | NO.135-1(メインコラム)ACボタン »

2013年1 月14日

NO.134-1(メインコラム)己の経営哲学

今週のテーマは「己の経営哲学」です。

先日、知合いのパナソニックの社員、元社員と会う機会がありました。

彼らは「中村元CEO、大坪前CEOはA級戦犯だ」と言います。

彼らと別れ自宅に戻った時、そう言えばと、 家の中の本箱を探してみると奥の方にありました、

当時のパナソニックのCEO中村氏の経営手腕を称えた書籍2冊がほこりを被って。

 

本のタイトルは

① 「松下電器V字回復への挑戦」(日刊工業新聞特別取材班 著)

その本の帯には、中村氏の晴れやかな表情の写真とともに 「次の一手を打ち続けないと松下は死んでしまう」と中村氏のコメントが載っています。

 

② 「なぜ松下は変われたのか」(祥伝社)

その本の帯にも、中村氏の誇らしげな表情の写真とともに 「この本に克明に記録された現場の苦悶を、私は誇りに思う」と中村氏のコメントが載っています。

 

当時、日本人経営者のモデル(憧れ)は、 「大胆なリストラ」と「集中と選択」とでGEを生まれ変わらせたジャック・ウェルチ氏でした。

野心を持った当時の日本人経営者は皆思ったことでしょう。「私だってジャック・ウェルチ!!」と。

 

当時の日本のマスコミも、このウェルチ・ブームに乗って「集中と選択」を実施しない経営者をダメ経営者として紙面で叩きました。

 

そうした熱気の中で、中村氏は、パナソニックの経営資源を「プラズマテレビ」と「電池事業強化(三洋電気の買収により)」に集中投資しました。

この巨大資産が、巨大な負の遺産となり現在のパナソニックの屋台骨を揺るがしています。

業界No1或いはNo2と成り得る事業に経営資源を絞り込まなくては生き残れない

という経営信仰。

当時己の経営哲学を持たない未熟な経営者の多くがこの経営信仰に取り込まれました。

パナソニックの中村氏、大坪氏だけではありません。

シャープの町田氏、片山氏 もそうでした。

 

では現在ブームとなっている経営信仰は何でしょうか?

それは、

2020年に23億人に拡大すると言われている“アジアの中間層”を取り込めない企業は生き残れない

という経営信仰です。

この新たな経営信仰と経営者はどう向き合い 会社の舵取りをしていくのか?

舵取りに一番必要なのは“己の経営哲学”です。

舵取りに一番危険なのは“借り物を己の経営哲学と錯覚すること”です。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b017d3fe6012e970c

Listed below are links to weblogs that reference NO.134-1(メインコラム)己の経営哲学:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。