メイン

2015年2 月 1日

NO.192-1(メインコラム)面接(interview)スキル(PART1)

今回のテーマは「面接(interview)スキル(PART1)」です。

 

「ビジネスパーソンに求められるスキルの中で、最も重要なモノは何か?」  と聞かれたら

・・・・・「それは、状況ごとで変わるため、一つに絞るのは難しいです。」 などと 私 答えると思いますが、

 

この質問が、 「多くのビジネスパーソンに欠けているスキルの中で、最も重要なモノ何か?」  であったなら、

私は「面接(interview)スキル」と、私 即答します。

 

ご多分に漏れず、私自身も、そのスキルの重要性に気付くことも無く、それを磨くことも無いまま、

ただ漫然と 40歳過ぎるまで 数多くの面接をただひたすらこなして来ました。

今思えば、自分に、そして何よりも私が面接した数多くの人たちに、そして組織にも、

多大な損失を生じさせてきました。

いま“数多くの” と言いましたが、 組織の中で、人を「面接(interview)」する機会は、

実に“数多く”あります。

・新人の採用、一般中途者の採用、幹部社員を採用、など人財投資を決定するための「面接」

・人のモチベーションや成長ポイントを引き出すための「面接」

・人の目的と組織の目的とをすり合わせるための「面接」

・人の能力や強み、支援が必要なポイントを棚卸しするための「面接」

・人の業績評価を見極めるための「面接」 ・人の業績評価をフィードバックして、次へのモチベーションを

高めるための「面接」

などなど

 

組織員10人を束ねるマネジャーが 一人に対して年5回の「面接」を実施すると、総面接回数は年間50回です。

その組織に マネジャーが100人在籍していたら、総面接回数は年間5000回です。

面接(interview)の質と量が、

人が発揮するパフォーマンスの質と量を、

組織が発揮するパフォーマンスの質と量を、

決定する。

と言っても過言ではありません。

 

さて、ではその「面接(interview)スキル」の磨くにはどうすれば良いのか?

次回のPART2でそのポイントをお話しさせて頂きます。