メイン

2015年3 月28日

NO.195-1(メインコラム)卒業式

今回のテーマは「卒業式」です。

先日の3月20日(金)、私は、母校の杉並区立西宮中学校の第53回卒業式にお招きいただく機会に

恵まれ、今年の卒業生123名の旅立ちを見届けました。

思えば43年前、私たちの第10回卒業式も 今日と同じ場所のこの体育館で行われました。

式の最中、私の頭の中は、「目の前の映像」と「43年前の映像」が行ったり来たり交錯し、

頭がボッーとし始めたその刹那、自分の身体に電気が走りました。

これが、私の原風景なんだ! 

 

43年前の卒業式で、私は、

行きたかった高校に行くことが叶わなかったことの挫折感。

好きだった女性に自分の気持ちを伝えることができなかったことの空しさ。

いつも目の前にいることが当たり前だった仲間達との別れの苦しさ。

そして明日から一人ぼっちになってしまうのでは、という寂しさ。

43年前の私は この場で きっと心に誓ったんだと思います。無意識の中で。

『この先の人生において、二度とこんな思いをすることが無いよう、悔い無き生き方をする。』と。

 

そんなことを思いながらあらためて目の前の卒業生たちの表情を覗いてみると、

照れて笑い泣きしている男の子。

口をきっと結び正面を見つめている女の子。

無表情を作っている(ように見える)男の子。

鼻を押さてすすり泣いている女の子。

君たちの未来に幸あれ! 

 

その日の夜、今でも付き合いのある同窓生数人に 

「43年前の俺たちの卒業式の時のこと、覚えているか?」とメールをしました。

間もなくW君からレスポンス。

『あの日は一旦みんなにお別れを言ってひとり帰宅しかけましたが、やはりそのまま西宮を去るのが寂しく、ぐるっと畑を回ってもう一度裏門から学校に戻りました。そしたらみんなもまだ大勢教室に残っていて、その時に廊下でMYさんが泣いていたのを覚えています。遠い昔の、前世の記憶のようです。』

 

それにかぶせてO君から、

『こんばんは 卒業式はあんまり覚えていないです。でも おもい残しがあって帰った記憶があります。よく覚えているのは修学旅行 談山神社の満天の星。』

 

中学卒業と同時に九州に引っ越したS君からは、

『W君の話し、何故か知っています。みんなが西宮を去るとき、俺は、東京も去りました。』

 

どうやら一人ぼっちではなかったようです。

いま、みんなと、きもちが、つながっていました。

2015年3 月14日

NO.194-1(メインコラム)私は誰でしょう?

今回のテーマは「私は誰でしょう?」です。

少し長いですが、まず、作者不明の次のコラムをお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私は誰でしょう?」

私はいつもあなたのそばにいる。

一番頼りになる助け手でもあれば、 あなたが背負う最大の重荷でもある。

成功への後押しもすれば、 足を引っ張って失敗にも導く。

私はあなたの命令次第で動く。

あなたのすることを私に任せてくれれば 私は素早く正確に片づけてしまう。

私の扱いは簡単。 しっかり指示すれば、それでいい。

どのようにしてほしいのかを明確に示してくれれば 少しの練習のあとで自動的にそのことをこなす。

私はすべての偉人の下僕であり、 そして残念ながら,すべての失敗者の下僕でもある。

偉大な人が偉大になったのはわたしのおかげ。

失敗した人がしくじったのも私のせい。

私は機械ではないが,機械のように正確に そして知性あふれる人間のように賢く働く。

利益になるように私を使うこともできれば、 破綻をきたすように使うこともできる。

私にとってそれはどちらでもよい。

私を利用して訓練し,しっかりと指示をしてくれれば、 世界をあなたの足下に届けてあげよう。

しかし,私を甘く見れば,あなたを滅ぼすだろう。

私は誰だろうか?

私は習慣である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう 私 の正体は 習慣だったのです。

古来、習慣に関して、 

「人間は習慣の寄せ木細工」(A man is a wooden mosaic work of Habit.)とも

「習慣は第二の天性」(Habit is a second nature.)とも

言い伝えられてきました。

私は、50歳の時に経験した大病をきっかけに、

半年に一度、 自分自身の身体を構成している1つ1つの「寄せ木」の棚卸しを始めました。

≪私の「習慣の見直し」≫

【仕事・キャリア】(捨てたこと) ギブ&テイク 、⇒(始めたこと)一に貢献、二に貢献

【お金】(捨てたこと) 節約と貯金のみ、⇒(始めたこと) お金にも働かせる

【健康】(捨てたこと) 喫煙、⇒(始めたこと) 早起き(朝5時30分)&毎朝15分のストレッチ

【子ども】(捨てたこと) いつか分かり合えればいい、⇒(始めたこと) 思いは“いま”伝える

【人間関係】(捨てようとしていること) 自分の自慢話、⇒(始めたこと) まずは相手の話をよく聞く

【自己投資】(捨てたこと) だらだらテレビ観み、⇒(始めたこと) 週2冊の読書

【遊び・余暇】(捨てたこと) 美味しいラーメン店ひとり探索、⇒(始めたこと) 同級生達と年1回の修学旅行

 

最後にアリストテレスの名言を1つ、

『繰り返し行うことがわれわれの本質である。美徳さえも行為ではなく、習慣なのである。』

 

2015年3 月 1日

NO.193-1(メインコラム)面接(interview)スキル(PART2)

今回のテーマは「面接スキル」の後編、

「面接(interview)スキル(PART2)」です。

これまで、面接のノウハウに関して、「本や研修で学んだことがある」という方、

たくさんいらっしゃると思いますが、これからお話しすることは、

これまでとは異なる考え方を紹介しますので最後までお付き合い下さい。

 

まず、一番大事なポイントは、

面接は、「ファンダメンタルな問題」と「テクニカルな問題」の2つで構成されている、ということです。

面接は、このうちのどちらか1つが不十分でも、上手く機能しません。

 

では1つ目の「ファンダメンタルな問題」からお話しします。

ここには3つのポイントがあります。それは、

①「この面接は何の目的(何のために、誰のために)に実施するのか?」そのスタンスを決めること。

②そしてそのスタンスを面接開始時に面接相手に伝えること。

③そしてそのスタンスを、面接終了時までブラさないこと。

の以上3つです。

かつての私も含め ほとんど人は、この「ファンダメンタルな問題」に無頓着で、

無計画・無方針のまま効力のない面接を繰り返してしまいます。

 

次に「テクニカルな問題」。

ここには4つのステップがあります。

そのステップを、「部下と上司が部下の担当業務を決めるための面接」を題材に説明します。

 

第1ステップは「オーラを出す」ステップです。

まず相手の話をじっくり聞く。自分の考え方と違っていても、聞くことによってもたらされる効果を信じて、

「私はアナタの話を一生懸命 聞こうとしている」というオーラを全身で出して下さい。

もしそれができていないと感じたら、面接をいったん中止して仕切り直して下さい。

 

第2ステップは「適切な質問(クエッション)で現状を把握する」ステップです。

①思っていること ②考えていること ③新たな事実 ④想定外の出来事 ⑤悪い情報 

など現状を把握します。

この第2ステップの、相手の応答から「第1ステップの出来不出来が」概ね推察できます。

相手から「実は・・・・」と本音を含んだ答えが出てくれば第2ステップはほぼ成功です。

もしそれができていないと感じたら、面接をいったん中止して仕切り直して下さい。

 

第3ステップは「適切な問い(インクワイアリー)で気付きを促す」ステップです。

この第3ステップは、相手に自分の「成長ポイント」への気付きを促す大事なステップです。

そのために3つの魔法の言葉を使います。

それは、「何」と「どんな」と「どう」の3つです。

こんな風に 問いかけます。

①本当にやりたいと思っていることは? 

②やりたくないと思っている本当の理由は

③できないと思っている本当の理由は

④優先順位は本当に固定されている? ちがうとすればどんな順位?

⑤第三の選択肢は本当に無い? あるとすればどんな選択肢?

⑥決定的な情報が本当に不足していない? あるとすればそれはどんな情報?

⑦本当に必要な経験は? 必要なのはどんな経験?

⑧かつて困難をどうやって乗り越えてきた?

あなたの真摯で誠実で真剣な問いが相手の右脳、左脳に刺さり、 相手の心を揺さぶります。

相手から「あらためて思ったんだけど・・・・」と気付きを含んだ答えが出てくれば

第3ステップはほぼ成功です。

 

では最後の第4ステップです。

第4ステップは「統合して相手の行動を促す」ステップです。

この最終ステップでは、

まず、これまでのステップで出た「事実」「本音」「気付き」の全てをテーブルに乗せた上で、

「個人としてやりたいこと」と 「組織としてやるべきこと」を整理します。

次に、「やりたいこと」と「やるべきこと」が重なる部分の「我々がやること」を決めていきます。

この「統合して相手の行動を促す」ことって本当に「上手くいくのか?」と

心配される方もいらっしゃいますが、ご安心下さい。

第3ステップまでで蓄積されてきたエネルギーの力で最後は驚くほどスムーズに進みます。

あとは実践あるのみです。

つまずいたらもう一度このブログを読み返して下さい。

最後まで 読んでくださり ありがとうございました。

ご案内役は、片木慎一でした。