« NO.194-1(メインコラム)私は誰でしょう? | メイン | NO.196-1(メインコラム)歴史とは何か? »

2015年3 月28日

NO.195-1(メインコラム)卒業式

今回のテーマは「卒業式」です。

先日の3月20日(金)、私は、母校の杉並区立西宮中学校の第53回卒業式にお招きいただく機会に

恵まれ、今年の卒業生123名の旅立ちを見届けました。

思えば43年前、私たちの第10回卒業式も 今日と同じ場所のこの体育館で行われました。

式の最中、私の頭の中は、「目の前の映像」と「43年前の映像」が行ったり来たり交錯し、

頭がボッーとし始めたその刹那、自分の身体に電気が走りました。

これが、私の原風景なんだ! 

 

43年前の卒業式で、私は、

行きたかった高校に行くことが叶わなかったことの挫折感。

好きだった女性に自分の気持ちを伝えることができなかったことの空しさ。

いつも目の前にいることが当たり前だった仲間達との別れの苦しさ。

そして明日から一人ぼっちになってしまうのでは、という寂しさ。

43年前の私は この場で きっと心に誓ったんだと思います。無意識の中で。

『この先の人生において、二度とこんな思いをすることが無いよう、悔い無き生き方をする。』と。

 

そんなことを思いながらあらためて目の前の卒業生たちの表情を覗いてみると、

照れて笑い泣きしている男の子。

口をきっと結び正面を見つめている女の子。

無表情を作っている(ように見える)男の子。

鼻を押さてすすり泣いている女の子。

君たちの未来に幸あれ! 

 

その日の夜、今でも付き合いのある同窓生数人に 

「43年前の俺たちの卒業式の時のこと、覚えているか?」とメールをしました。

間もなくW君からレスポンス。

『あの日は一旦みんなにお別れを言ってひとり帰宅しかけましたが、やはりそのまま西宮を去るのが寂しく、ぐるっと畑を回ってもう一度裏門から学校に戻りました。そしたらみんなもまだ大勢教室に残っていて、その時に廊下でMYさんが泣いていたのを覚えています。遠い昔の、前世の記憶のようです。』

 

それにかぶせてO君から、

『こんばんは 卒業式はあんまり覚えていないです。でも おもい残しがあって帰った記憶があります。よく覚えているのは修学旅行 談山神社の満天の星。』

 

中学卒業と同時に九州に引っ越したS君からは、

『W君の話し、何故か知っています。みんなが西宮を去るとき、俺は、東京も去りました。』

 

どうやら一人ぼっちではなかったようです。

いま、みんなと、きもちが、つながっていました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b01b8d0f6a313970c

Listed below are links to weblogs that reference NO.195-1(メインコラム)卒業式:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。