« NO.196-1(メインコラム)歴史とは何か? | メイン | NO.198-1(メインコラム)学習(learing) »

2015年4 月25日

NO.197-1(メインコラム)遺書の行間

今回のテーマは「遺書の行間」です。

 

先週の月曜日、鹿児島の「知覧特攻平和会館」を訪れました。

沖縄戦で出撃した陸軍特攻隊1,036名の内436名がこの知覧から出撃しました。

敵空母に体当たりできた機はごく1部で、ほとんどの機は敵空母に到達する前に撃墜され、

隊員もろとも海の藻屑と消えました。

知覧を飛び立ち戦闘地の沖縄まで、2時間30分の飛行時間。

彼らは人生最後の2時間30分の間、何を考え機を操っていたのか? 知る由もありませんが、

出撃前に彼らが書いた多くの「遺書」が残されています。

私は、その「遺書の行間」から何かを感じ取ってみたい。

その思いで今回「知覧特攻平和会館」を訪れました。

 

さて現物の遺書を目の前に・・・言葉を失いました。

来館者のすすり泣きがあちらこちらから聞こえてきます。

 

彼らは、「誰のために死ぬのか」「何のために死ぬのか」、その「理由」を心の中で作り上げ、

それを文字で表し、気持ちを浄化させないことには己の平常心を保てなかったのではないか。

 

当時の国のリーダー達たちは、始めてしまった戦争を、己の責任回避、己の保身のため、終わらせることが出来ないまま、ついに、若者を犬死させる作戦の断を下したのではないか。

 

「死ぬ理由を探そうとした若者たち」と「犬死させる断を下したリーダーたち」

「平和会館」という呼び名があまりにも薄っぺらく感じられます。

誰が取ったのか? 俺たちを犬死させた責任を。

俺たちは国を守る。国は俺たちを守ってくれたのか?

まさに「心の叫び会館」です。

 

館内で目が釘づけになった5通の遺書をご紹介します。

書かれたのは70年前の今ごろです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あんまり緑が美しい 今日これから 死にに行くことすら 忘れてしまいそうだ。 

真っ青な空 ぽかんと浮かぶ白い雲 6月の知覧は もう蝉(せみ)の声がして 夏を思わせる。  

作戦命令を待っている間に  小鳥の声がたのしそう 

「俺も今度は小鳥になるよ」

日のあたる草の上にねころんで 杉本がこんなことをいっている 

笑わせるな 

本日十三時三五分

いよいよ知覧を離陸する 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は出撃2時間前です。

私と一行皆朗らかです。私もニッコリ笑って行きます。

今はもう総ての俗念を去って、すがすがしい気持ちです。

数時間後にはこの世を去るとは思えないほど。

抱える爆弾はどす黒く光っています。

では、行ってきます。

皆様、お元気で

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正憲、紀代子へ

父ハスガタコソミエザルモイツデモオマエタチヲ見テイル。

ヨクオカアサンノイイツケヲマモッテ、オカアサンニシンパイヲカケナイヨウニシナサイ。

ソシテオオキクナッタレバ、ヂブンノスキナミチニススミ、リッパナニッポンジンニナルコトデス。

ヒトノオトウサンヲウラヤンデハイケマセンヨ。

「マサノリ」「キヨコ」ノオトウサンハカミサマニナッテ、フタリヲジット見テイマス。

フタリナカヨクベンキョウシテ、オカアサンノシゴトヲテツダイナサイ。

オトウサンハ、「マサノリ」「キヨコ」ノオウマニハナレマセンケレドモ、フタリナカヨクシナサイヨ。

オトウサンハオオキナジュウバクニノッテ、テキヲゼンブヤッツケタゲンキナヒトデス。

オトウサンニマケナイヒトニナッテ、オトウサンノカカタキヲウッテクダサイ。

                                              父ヨリ                                                     マサノリ キヨコ フタリヘ 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生の総決算 何も謂うこと無し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何も書くことはありません。

只ご両親様及久美子の健在を祈るのみ、勲は決して人におくれはとりません。

潔く散るのみです。目標は正規空母です。

十日位したら徳島海軍航空隊第十四分隊五班上野功君に便りして下さい。

真実は受け取ったと泣かずにほめて下さい。

幸多かれしと祈るなり。

親戚の皆様へ宜敷く。                                

 

                                             以 上

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b01bb08235fb2970d

Listed below are links to weblogs that reference NO.197-1(メインコラム)遺書の行間:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。