« NO.198-1(メインコラム)学習(learing) | メイン | NO.200-1(メインコラム)「たった2500億円」という視点 »

2015年5 月31日

NO.199-1(メインコラム)無名

今回のテーマは「無名」です。

 

美術館で心惹かれる絵画や彫刻に出会った時、

本の中で紹介されたメッセージや歌や詩に感動を受けた時、

さて作者は誰かと確認すると、「作者不詳」「作者不明」とか「詠み人知らず」 との記載が。

こんな経験 ありませんか? 

 

私も 先日 渋谷 松濤美術館の「いぬ・犬・イヌ展」に行った時もそうした経験をしました。

特に江戸時代、江戸時代以前の作品の中で

「よくもこれだけ犬の表情を上手く(或いは精緻に)表現できたものだ」をと感心し

作者を確認すると「作者不詳」との表示。

 

頭の中をぐるぐると・・・・・・・・妄想が、

名もない庶民が作ったから 名前が不明なのか

作者に匿名にしなくてはならない理由があったのか

長い歳月の中で誰かの意図により名前を消されたのか

作者は「有名になりたがる人」を横目にニヤニヤしていたのか

 

しかし・・・・・・・・ それにしても、

作者不明にもかかわらず、何十年 何百年と市井の人々の間で語り継がれ 聞き継がれ 

我々の時代まで辿り着いた このエネルギーの凄さよ!!

 

次の文章は、 先日 知合いに教えてもらったものです。

世界中のたくさんの人々の間で 長い間 語り継がれ 聞き継がれ

今も この文章を「自分の手帳に書き留めている」人が沢山いるそうです。

 

「神様の配慮」

大きなことを成し遂げるために、力を与えてほしいと、神様に求めた。

だが、謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった。

 

より偉大なことができるようにと、健康を求めた。

だが、より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

 

幸せになりたいと、富を求めた。

だが、賢明であるようにと、貧困を授かった。

 

世の人々の賞賛を得ようと、成功を求めた。

だが、得意にならぬようにと、失敗を与えられた。

 

人生を楽しみたいと、あらゆるものを求めた。

だが、あらゆることを喜べるようにと、質素な生活を与えられた。

 

求めたものは、何一つ与えられなかった。

だが、「人生の意味を味わいたい」「悔いのない生き方をしたい」 という私の願いは、

すべて聞き届けられていた。

 

私は、今、気が付いた。

私の人生は、あらゆる人の中で、もっとも豊かに、祝福されていたのだ。                         

                                         (作者不詳)

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。