メイン

2015年7 月24日

NO.200-1(メインコラム)「たった2500億円」という視点

今回のテーマは 「たった2500億円」という視点 です。

 

歴史に名を残した文豪たちが 生前 出版社から受け取った「断り状」を紹介する

『まことに残念ですが・・・不朽の名作への「不採用通知」160選』という興味深い本があります。

 

その「断り状」の一部を紹介しますと、

「まことに残念ですが、アメリカの読者は中国のことなど一切興味がありません」

(パール・バックの「大地」に対して)

 

「ご自身のためにも、これを発表するのはおやめなさい」

(D・H・ロレンスの「チャタレー夫人の恋人」に対して)  

などなど。

 

どうでしょうか? この身も蓋もない「断り状」。

「その時代を支配する 『価値観』や『常識』、 『雰囲気』や『ムード』、 『マスコミに誘導された世論』

などに惑わされることなく、自らの基準に従って判断を下す」。

言うは易く 行うは難し ですよね。

 

では どうでしょうか? 今回の新国立競技場建設の騒ぎ。 

・珍しくマスコミ各社が歩調を揃え(安保関連法案で揃わなかった歩調が)「税金の無駄遣い」と一斉に書きたてる。

・そのマスコミの論調に乗って世論が盛り上がる。

・この予想外の世論の盛り上がりを受け、安倍総理は前言をひるがえし「白紙」を発表。 

・その計画見直しを受け、森元総理が「国がたった2500億円出せなかったのかね」と発言。

・この森元総理の発言をマスコミ各社が一斉に書きたてる。

・その記事を受け、「森は一体何様なんだ?」と世論が盛り上がる。

 

さてさて、ここから先は、もしも もしも の“胡蝶の夢”のお話しです(笑) 

(その1)

東京オリンピックの次、2024年オリンピック開催国が建設した新国立競技場はなんと高額の「キールアーチ」を採用し、その出来栄えに「21世紀最大の芸術的建造物」との評価を受けることになった。すると日本のマスコミ各社は一斉に「あの時 誰のせいで たった2500億円の予算を削ってしまったのだ!」と一斉に書きたて、その論調に乗って世論が盛り上がる。

 

(その2)

2024年、日本は国の借金が1500兆円を超え、財政破綻に追い込まれることになった。すると日本のマスコ各社は一斉に「あの時 たった2500億円の予算を削るの削らないのと大騒ぎしている間にも、この国は破綻に向かって坂を転がり落ちていた。こうした事態を放置し続けてきた政治家と官僚の責任はあまりにも大きい!」と一斉に書きたて、その論調に乗って世論が盛り上がる。

 

さて、私、あなた、私たち、にとって 

たった2500億円」のイシュー(Issue)は何か?

改めて考える必要がありそうですね。

未来の「パール・バック」や「D・H・ロレンス」を見落とすことがないように!