メイン

2015年9 月 6日

NO.202-1(メインコラム)それでも人生にイエスと言う

今回のテーマは「それでも人生にイエスと言う」です。

皆さんご存じの、 精神医学者フランクルの名著のタイトルです。

ドイツ語の原文のタイトルは「rotzdem Ja zum Leben sagen.」

英訳のタイトルは「Still say yes to life.」 です。

 

それでも YES」なのですから、

普段の ちょっと滅入った、ちょっと上手くいかない、などは 「当然 YES」なのです。

私は 日常的に起こる この「ちょっと」を一瞬でオールクリアー(AC)するため、

電卓のACボタンを押す感覚で「YES」と呟いています(苦笑)

 

しかし 人生の重大なそれでもの局面において、この「YES」の答えを出すこと、

生身には なかなか難しい。

その難しさ、フランクル派(苦笑)を自称する私の「YES歴」を振り返ってみます。

 

突然 脳梗塞に・・・・

ベッドの中で、ためしに唱えた 「YES」

 

突然 家族との別れが・・・・

唱えるのを止めた 「YES」

 

信じていた人に裏切られ・・・・

何度も呟いた 「YES」

 

追い求めた“坂の上の雲”が目の前から消えた・・・・

当分の間 言わないことに決めた 「YES」 

 

親が死んだ・・・・

報恩の機会を失った自分に 「NO」

 

重要なそれでもの局面で 必ずしもスムーズに「YES」と答えられなかった我が半生ではありましたが、

それでも言いたいと思っている「YES」が今あります。

それは 人生の最後の瞬間に言う 「YES」 です。

「あぁあ 楽しかった」って長い台詞に替えて。

 

そして今、「人生の最後の問い」にこの答えを出すため、

60歳からの「人生本番プロジェクト」をスタートしました。

 

最後に、私が一番影響を受けたフランクの「言葉」を著書の中からご紹介します。

 

『私たちが「生きる意味があるか」と問うのは、はじめから誤っているのです。

つまり、私たちは、生きる意味を問うてはらなないのです。

人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているのです。

私たちは問われている存在なのです。

私たちは、人生がたえずそのときそのときに出す問い、

「人生の問い」に答えなければならない、

答を出さなければならない存在なのです。』