メイン

2017年2 月 4日

NO.208-1(メインコラム)給料をもらうという働き方

先日、地元 杉並区の中学校から講師の依頼がありました。

 

中学2年生に向けて、

「ご自身の体験から、今、中学生にとって必要なことは、何か」

というテーマで授業をやって欲しいとのお話し。

 

お受けすることにしたものの、

さてさて、「ご自身の体験から・・・体験から・・・」などと考えながら、

まず考えの糸口として、

 

自分のキャリアの中でも一番長く携わり、

現在の日本の就業者の89%もの人が携わっている、

サラリーマン(給料をもらうという働き方)が、いったい いつ頃、どこで、誕生したのか、について調べてみることにしました。

 

 

調べてみると、まず

★日本電車発展史(保育社)という本の中に「サラリーマン(腰弁)」に関する次の記述がありました。

 

『工場ができ官庁や会社が立ち並ぶようになると都会では

通勤という現象が起きてくる。

腰に弁当をさげた(腰弁)勤めの人の姿は明治40年の島崎藤村の短編「並木」にも

描かれているが、東京大阪などでは路面電車の発達が徒歩から電車利用による通勤圏の拡大をすすめた。』

 

 

次に、この本に出てきた「通勤という現象」という言葉をキーワードに調べてみると、

★明治33年(1900年)の朝日新聞に次の記事がありました。

 

『最近、東京の省電で、腰に弁当を提げた人たちが乗車している一風変わった景色がみられるようになった。

毎朝自宅を出て勤め先まで省電を使って通う人たちである。ちなみに当新聞社で

調査したところによると、現在、我が国の成人男子の内、平日昼食を自宅で取っていない人は3%もいるそうである。』と。

 

 

少し驚きだったのは、

つい120年前まで、我が国の成人男子のほとんどは、昼食を当たり前のように自宅で取っていたという事です。

 

 

★厚労省の資料で1900年当時の就業状況を調べてみると、

 

農林漁業(第一次産業)従事者は7割、

商業(第三次産業)従事者が2割、

モノ作り(第二次産業)従事者が1割、です。

 

自宅ランチ派が多いのは、2/3以上の人が農林漁業に従事していたことも理由として考えられそうです。

 

 

次に先ほどの本「日本電車発展史(保育社)」に出てくる

島崎藤村の短編「並木」を確認してみると、作中に次の記述があります。

 

『近頃 相川の怠けることは会社内でも評判に成っている。一度弁当を腰に着けると、

八年や九年位提(さ)げているのは造作も無い。齷齪(あくせく)とした生涯を塵埃(ほこり)深い巷(ちまた)に送っているうちに、最早(もう)相川は四十近くなった。

もともと会社などに埋(うず)もれているべき筈(はず)の人では無いが、年をとった

母様(おふくろ)を養う為には、こういうところの椅子にも腰を掛けない訳にいかなかった。』と。

 

 

少し驚きだったのは、 

主人公の相川というサラリーマン(腰弁)主人公の気持ち、

「プライドを捨ててしまえば腰弁(サラリーマン)を続けるなど訳ない(造作も無い)ことだ。」その一方で

「何も好きこんので腰弁(サラリーマン)を続けている訳ではない。」

など、現代のサラリーマンにも彼の心情が理解できる内容だった事です。

 

 

 

おやおや、中学2年生に何を話そうかと思案していたつもりが、いつの間にか110年前の腰弁の世界に入り込んでしまいました。

 

話を授業に戻します。

 

 

【授業の中盤はこんな感じかな?】

 

さてさて、中学2年生の皆さん、ここから大事なところです。

 

相川氏が生きた110年前は、人生60年の時代でしたが、西暦2000年以降に生まれた皆さんは、2人に1人が「100歳以上生きる」と言われています。

 

人生100年時代の到来です。

 

寿命が延びる一方で、生活基盤に目を向けると、既に、年金が破綻し始め、人の知識労働の一部がAIに代替され始め、中国・インドの中間所得層が知識労働者として台頭し始めています。

 

そんな状況の中、「給料をもらうという働き方(サラリーマン)」をこれまでの様に(相川氏の様に)造作も無く続けようとしている人が今、正規社員、非正規社員の区別

なく脱落し始めています。

 

 

さて では どうしたら良いのか? 彼ら彼女らに何を伝えようか?

 

 

【授業の最後はこんな感じかな?】

 

まずは、一生ものの

 

「学び続ける習慣」と「相手に共感する習慣」と「自分の考えを考える習慣」。

 

この3つの習慣を造作をかけて身に付けるよう 今日から 心掛けて下さい。

 

この3つの習慣は人生の最終兵器です。

 

大人になってからこれを身に付けようとすると苦労するからね。

 

 

【最後に】

 

このブログを読んで頂いた皆さんは、彼ら彼女らに何を伝えたいですか? ぜひ教えて下さい!