メイン

2017年5 月29日

NO.213-1(メインコラム)社会とつながる力

私は、資料を作成する時、集中するための適度な雑音を求めて、自宅近くの3つの図書館(杉並区の宮前図書館、武蔵野市の吉祥寺図書館、中野区の中央図書館)を利用しています。

また、仕事関係の本を読む時は、これまた適度な雑音を求めて、自宅近くの喫茶店(ドトールかスタバ)を利用しています。

 

この近所の図書館と喫茶店で4~5年ぐらい前から変化が起こっています。

 

図書館では、

3つの図書館とも1Fに「さまざまな分野の雑誌」と「各社の新聞」を自由に閲覧できるコーナーが有るのですが、現在このコーナーは高齢者の方々でいっぱいです。開館時から、長い人は夕方まで、複数の雑誌と新聞を丹念に読み続けています。

 

喫茶店では、

試験勉強をしている高校生達に交じって、一杯分のコーヒー代を払った沢山の高齢者が、長い時間を掛けて、持参した本を読み続けています。

 

私の地元では、図書館や喫茶店が、団塊の世代を中心とした高齢者の方々の居場所になっているのです。

 

そしてこの高齢者の人たちに共通していることが2つあります。

それは高齢者の皆さんはいずれも「男性」で「独りで来ている」ということです。

 

ひょっとして「独り」を楽しんでいるのかもしれませんし、

何か「目的」があって調べものをしているのかもしれませんが、

いつも同じお顔を拝見するので、何か「もったいなさ」を感じてしまいます。

社会にとっても、ご本人にとっても。

 

さて、本日のテーマを「社会とつながる力」としました。

私は、人生90年時代の21世紀において、このテーマは国民的テーマであると

考えます。

 

まず「社会とつながる力」の「社会」とは何を指すのか?

「社会」の意味を広辞苑で確認すると、

「家族、村落、ギルド、教会、会社、政党、階級、国家などが主な形態

と出ています。

 

つまり「社会とつながる力」が弱い人とは、

上記の主な形態とのつながりが弱いため、そこに居場所のない人、

という見方も出来ます。

よって「社会とつながる力」が弱い人は「独り」になる可能性が高いのではないか。

 

 

では次に「社会とつながる力」の「つながる力」とは「どのような力」なのか?

 

私はその力を次の「X」と「Y」と「Z」の掛け算である、と定義しています。

「社会とつながる力」=(自分の得意技)×(社会や他人のニーズ)×(人脈)

です。

40代、50代向け「セカンドキャリア研修」を実施して感じるのは、

「X」と「Y」と「Z」の各レベルを、A(優)、B(良)、C(不可)と3ランクに分けた場合の参加者の方の各レベルが、

「X」はAかBかCランクにばらけるのに対して、「Y」と「Z」は殆どの方がCランク、というアンバランスさです。

 

なぜそうなるのか?それは40代、50代の多くの方が

「Xのレベルを高めるための行動」には関心が高いが、

「Yの感性を磨くための行動」や「Zを構築するための行動」に対する観念が薄いという事です。

無理もありません。

長~い長~いサラリーマン生活の習いで、「社外のY」や「社外のZ」に対する観念はどうしたって希薄になります。

 

そこで私は、上記の研修の中で、

「40代、50代の現役の内に『社会とつながる力』を鍛えていただく」ために、

「YとZの重要性の理解⇒腹落ち⇒YとZを高める行動案の作成」を実施しています。

 

さて、最後に明治の文豪 夏目漱石の『断片』(大正四年)の中に

この「X」と「Y」と「Z」に関して示唆に富む文章があります。

最後にこれを紹介させていただきます。

『技巧の変化(右、左、縦、横、筋違)、そうしていずれも不成功の時、どうしたら成功するだろう? という質問を出してまた次の技巧を考える。そうして技巧はいかなる技巧でも駄目だということには気がつかず。人間の万事はことごとく技巧で解決のつくものと考える。そうしてすべての技巧のうちどれかが中(あた)るだろうと思う。彼らが誠に帰るのはいつの日であろう。彼らは技巧で生活している。あたかも、水の中に生活している魚が、空気という観念がないにどうしたら地上を歩くことができるかと工夫するようなものである。』

                                                         以 上

2017年5 月12日

NO.212-1(メインコラム)起承転結

第一話(起)

先日たまたま自分の手帳をパラパラめくっていたら、

こんなことが書いてあるのを見つけました(出所は書き忘れており不明)。

 

『5年計画を作っているのは旧ソ連ぐらい。

 新規事業にとって計画や分析は必要十分条件ではない。

キーワードは

①MVP(実用最小限の製品・サービス)を作り試す

②顧客からのフィードバック(実験)

③仮説検証と学習

 これを答えが出るまで繰り返す。』     

                    以上

 

なるほど、新規事業を夢に置き換えたら、

けっこう人の生き方と似ているかも・・・・・・・・・・。

 

 

第二話(承)

先日たまたま自宅でテレビを観ていたら、

ビールのCMで、所ジョージに対して別のタレントが質問して、

所ジョージがそれに短い言葉で答えるという禅問答のようなシーンがありました。

 

『他のタレント「夢とは?」

 所ジョージ「急に持たない方がいい。 

       いろんなことをやっているうちに見えてくるもの」』

 

『他のタレント「運命とは?」

 所ジョージ 「答えが見つからなかった時に使う言葉

        諦めた時に言ってしまうよね 運命って」』

                               以上

 

 

第三話(転)

先日たまたま自分の手帳をパラパラめくっていたら、

こんなことが書いてあるのを見つけました。

体験して はじめて身につくんだなあ(相田みつを)』

つまずいたっていいじゃないか にんげんだもの(相田みつを)』 

                                      以上 

 

 

第四話(結)

先日ふっと言葉が出てきました。

つまりこういうことかな? どうだろう 無理ないかな?(苦笑)

 

『バッターボックスに実際立ってみて

 バットを振ってみなくちゃ分からないよね。

 体験してはじめて身につくんだよね。

 夢の捕まえ方って。』

 

『自分の責任で答えが見つかるまで仮説検証と学習を続けることだよね。

 答えが見つからないのを運命のせいにしてしまったらそこまでだよね。

 何度つまずいたっていいんだよ オレたち にんげんなんだから。』 

                                         以上