« NO.215-1(メインコラム)いつの間にか | メイン | NO.217-1(メインコラム)青雲の志 »

2017年8 月17日

NO.216-1(メインコラム)私とお酒

今回のテーマは「私とお酒」です。

最近 お酒を飲む時、これまでと異なる感覚が湧き上がることに気付き、

今回 このテーマを取り上げることにしました。

その湧き上がる感覚とは、

「沁みる」とか「しみじみ」とか、笑われるかもしれませんが「感謝」とか。

日本酒がなみなみと注がれたコップに口をつけ、一口目をすすり 舌で味わった後、

喉越しを通過して五臓六腑にまで染み渡った瞬間、目の前で飲んでいる友人の顔が見えて、

そんな感覚が湧き上がってきます(苦笑)。

 

「それでも僕は夢を見る」(水野敬也&鉄拳 著)という本の最後「あなたへの手紙」と題した文章の中に、

友人と酒を飲む箇所があって、その箇所を読んだ時「自分の深層にこんな意識があるのかもしれない」

と思いました。少し長くて恐縮ですが以下に紹介させていただきます。

 

『はじめまして、あなたへ

私は、あなたのことを知りません。そして、あなたも、私のことを知りません。

そんな私からあなたへ、手紙を書くのはおかしなことかもしれません。

でも、ほんの少しでも  時間がもらえるなら、私のわがままに付き合ってください。

私は、今、病院のベッドの上で寝ています。重い病気にかかっています。

たぶん、あなたがこの手紙を読むころには、もうこの世に存在しないでしょう。

だから、生きている  うちに、どうしても あなたに伝えたいことがあるのです。

私は、人生の中で あなたに自慢できるようなことは何もできませんでした。

若いころ、憧れていた職業がありました。でも、その仕事に就くことはできませんでした。

好きになった女性がいました。でも、その女性には振り向いてもらえませんでした。

私が座りたいと思った席には、いつも他の誰かが座っていました。

もし、私の人生を映画にしてあなたに見せたら「なんてつまらない映画だ」 きっと、そう思うでしょう。

私も、そう思います。

でも、今、そのつまらない映画がやっと終わろうとしているのに、

つまらない人生が終わろうとしているのに、

私は、こんな手紙を、誰に届くのかも分からない、もしかしたら誰にも届かない手紙を書いてしまっている。

どうしてこんなことをしているのか、あなたには分かりますか?

私は、怖いのです。死ぬのが、怖いのです。

「これ以上生きたところで 一体何の意味がある? 待っているのはつまらない人生だけだ」 

ベッドの上で、何度自分にそう言い聞かせたかわかりません。

でも恐怖は消えませんでした。

私は、死にたくありません。私は、生きたいのです。生きて、

もう一度好きな物が食べたい。高価なものじゃなくていい。近所のスーパーで材料を買って

作れるものでいい。

友人と酒を飲みたい。酒を飲みながら笑いたい。「つまらない人生だな」と言いながら笑い合いたい。

人を好きになりたい。振り向いてもらえなくたっていい。傷つくだけで終わってもいい。

その人のことを考えるだけで幸せになれるあの時間を、もう一度味わいたい。

夢を見たい。かなわなくてもいい。恥ずかしい思いをするだけでもいい。       

それでも、もう一度、夢を見たい。

つまらない人生を、送ってきました。でも、つまらない人生を送ってきたからこそ、分かることがあります。

それは、そのつまらない人生に、最後の最後までしがみつきたくなるくらい、生きることは素晴らしかった。

私は、これまでずっと、夢をかなえることができたら、自分の人生が輝くと思っていました。

そして、夢をかなえていない私の人生は、何の輝きもない、つまらない人生だと思っていました。

でも、それは間違っていました。生きることが、輝きでした。生きること、そのものが、輝きでした。

あなたは、今、生きている。そのことが、私にはとてもまぶしいのです。』

 

以上です。

 

お酒を、友との触れ合いを、「沁みる」「しみじみ」「感謝」と味わいたいと思う年頃に

なったのかもしれませんが・・・・。

 

さて次に お酒を、友との触れ合いを、より深く味わうための酒場の環境について、

私自身改めて考えてみると、

私の好きな酒場の環境は、次の3つのK「3K」があるお店だという結論になりました。

 

カウンターのK

①カウンター席があり、カウンター席から調理の様子が見える。

 

コスパのK

 ②大将の拘(こだわ)りの日本酒が置いてあって、その拘りの酒を

  1合(「こぼし」なら最高だが)700円以下で振る舞ってくれる。

 ③料理やツマミはコスパが高く、地の食材、旬の食材を出してくれる。

 

気さくのK

 ④店の大将、女将、店員さんが気さくで明るくて話しかけ易い。

 ⑤店のお客さんも気さくで明るくて、この地域のこと、お店お勧めメニューのことなど質問すると

  「喜んで」と言うノリで教えてくれる。 

 

 

しかし、

この「3K」の①~⑤が全て揃ったお店って、案外無いんです(個人の感想です)。

などと言いながら東京に居る時は下記のお店で「酒場放浪記」しています。

 

「3K」の①~⑤の内、私にとって3つのKがあるお店。

【地元JR「西荻窪駅」編】

・「豪」・・・雑誌で知って行くように。

・「扇子」・・・キッカケはふらっと入って。

・「戎北口店」・・・キッカケはふらっと入って。

・「和田屋」・・・キッカケは地元の友人に紹介されて。

・「ささら亭」・・・キッカケは輪島ジム仲間の作家「角田光代さん」に紹介されて。

 

「3K」の①~⑤の内、私にとって4つのKがあるお店。

【西武新宿線「田無駅」編】

・「一国」・・・キッカケはふらっと入って。

 

【西武新宿線「都立家政駅」編】

・「竹よし」・・・キッカケは学生時代の友人に連れられて。

 

 

最後に お願いを1つ。

アナタが好きなお店を 教えて頂ければ 嬉しいです。

ご一緒できれば 更に嬉しいですが。

 

ではまた。

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。