活力循環とは?

2015年10 月25日

NO.204-1(メインコラム)仕事の定義

今回のテーマは「仕事の定義」です。

 

「仕事」=「職業」+「無償の仕事」

これは、法政大学キャリアデザイン学部 初代学部長 笹川孝一氏(現同部教授)が提唱する

「仕事の定義」です。

氏は自らの著書の中で次のように述べています。少し長いですが引用します。

 

『“無償の仕事”では、自分の仕事が誰の役に立っているのかが明快だという点にある。

自分の居場所や役割、能力の発揮、絆が見えやすく、「生きている実感」が得られ、

自己家畜化からの脱皮」が促されるからである。

“交換価値・金銭の授受を介する有償の仕事=「職業」”と

“使用価値の直接交換をおこなう無償の仕事”という2種類の仕事は、

共に分化し、相互浸透しながら展開する。

だから、人として生きるには、

①有償・無償の2種類の仕事を並行し、組み合わせて、

②2つの仕事の組織作り・強化をおこなうこと、

③それらを遂行する能力を磨くとこが、必須になる。』と。

 

さてこの話 笹川氏の定義で 私が真っ先に思い浮かべるのは 文豪 夏目漱石です。

漱石は、帝国大学を卒業後、高等師範学校の英語教師になるも、

日本人が英文学を学ぶということ、そしてその英語を教えるという自身の「職業」に

対して違和感を覚えながら仕事を続け、ついに精神衰弱になってしまいました。

その漱石を救ったのが 彼が「無償の仕事」として続けていた俳句や文章を書くことでした。

彼が「ホトトギス」に投稿した処女作『吾輩は猫である』が大ヒットして、

「有償の仕事」と「無償の仕事」が入れ替わったのです。

それは漱石49歳の生涯を閉じる10年前、39才の時でした。

 

さて最後に、「仕事の定義」の実践編です。 「無償の仕事」 ぜひ検討してみて下さい。

きっと 「生きている実感」が得られ、「自己家畜化からの脱皮」を促します。

「仕事」=「現在生活を支えている有償の仕事」

+「アフター5や週末を使って 経験を得るために行う無償の仕事」

+「アフター5や週末を使って 得意な分野の磨きを深めるために行う 副業のお助けコンサルティング」   

+「アフター5や週末を使って 興味ある分野の学びを深めるために行う  無償のデジタル出版」

 

どうでしょうか? 

2015年10 月 3日

NO.203-1(メインコラム)お願いがあります、いっしょに癌と向き合いませんか?

「最新の癌治療 医療現場のいま!」

「ここまできた 癌治療 もはや癌は怖い病気ではない!」

こうした癌に関する特集記事を目にする一方で、

癌で命を落とした著名人の訃報ニュースを日常的に目にします。

自分の周りを見ると、ここ数年の間で 50歳代の友人3人が癌で命を落としました。

 

この3人に共通していたのは、

①毎年 健康診断を受診していたこと。

しかし直近の検診でも「癌の可能性」を指摘されていなかった。

 

②その後 身体の異変(自覚症状)を感じ、近くの病院で受診していたこと。

しかし原因が分からないまま数か月が経過していた。

 

③結局 数か月経過した後、念のため大きな病院で詳しく検査を受けたこと。

しかしその検査結果に茫然。

医師から 「ステージⅣであること」 「他の臓器にも転移している可能性があること」を告げられる。

 

④その後 半年か1年で 逝ってしまいました。

 

私なりに、 検診の有効性を調べてみると、次のことが分かりました。

複数の検査項目を組み合わせて理想的な検診を受けたとしても、

「癌の60%~70%程度しか発見できない」こと。

「特に早期発見が難しい 肺、膵臓、肝臓、胆管、などの癌は、

発見できても そでに手遅れになっている可能性が高い」こと。

 

残念ながら これが現実のようです。

 

しかし、そうであっても 私は 今回、 「少しでも早期発見の可能性を高める」ことを意図して、

健康診断のオプションとして 以下の4つの腫瘍マーカー(血液検査)を追加しました。

■「黄色い箇所」は今回 私が追加した腫瘍マーカーの検査項目です。

■「赤文字」は今回の健康診断に設定されていた検査項目です。

 

どうでしょうか? 皆さんも 検査項目の追加について これを機会に一度 検討してみては?

 

【癌検査の有効性について】

■胃がん

・1年に1度、血液検査で「ピロリ菌感染の有無」と「ペプシノゲン値による胃の委縮度」を組み合わせて判定

ハイリスクの場合⇒ 0.5~1年に1回 胃カメラ検査

ローリスクの場合⇒ 1~2年に1回 胃カメラ検査

・1年に1度、血液検査でCEAを判定(CEAは進行胃がんの30~40%にしか検出されない)

 

■肺がん

・とにもかくにも禁煙 ・1~2年に1度、喀痰細胞診

・ヘリカルCT検査

・1年に1度、血液検査でSCC抗原を判定(SCC抗原は早期発見の有効性低い) 

■大腸がん

・1年に1度、便潜血検査

・大腸カメラ検査

 

■乳がん

・1ヶ月に1度、自分で触診(習慣をつける)                     

・1年に1度 マンモグラフィー検査(乳腺のレントゲン撮影)

 

■膵臓がん

・1年に1度、血液検査でCA19-9(早期発見の有効性低い)

  とエラスターゼ1(早期発見に有効性高い)を組み合わせて測定             

・1年に1度、超音波(エコー)検査

 

■胆道がん

・1年に1度、詳細に胆道の超音波(エコー)検査

・1年に1度、血液検査で「ビリルビン」「ALP」(初期は異常が出ないが進行するとビリルビン、ALPが高まる)、

ガンマーGTP」を検査

 

■膀胱がん

・1年に1度、尿の潜血検査

陽性の場合⇒超音波(エコー)検査

・細胞診・膀胱鏡

 

■子宮がん

・1年に1度、細胞診検査

・1年に1度、血液検査でSCC抗原を判定(SCC抗原は早期発見の有効性低い) 

 

■前立腺がん

・50歳以上の男性は1年に1度、触診と血液検査でPSA(前立腺特異抗原)検査  

⇒良性でも上昇する場合があるため、触診、超音波(エコー)検査と組み合わせて判定

 

■肝臓がん

・まずはウイルス(B型・C型)チェック

・6ヶ月に1度、超音波(エコー)検査

・6ヶ月に1度、2種類の腫瘍マーカー AFP、PIVKAⅡを定期的にチェック

⇒肝臓がんでもAFPが陽性反応しない場合もあるため、超音波(エコー)とPIVKAⅡと組み合わせて判定

2015年9 月 6日

NO.202-1(メインコラム)それでも人生にイエスと言う

今回のテーマは「それでも人生にイエスと言う」です。

皆さんご存じの、 精神医学者フランクルの名著のタイトルです。

ドイツ語の原文のタイトルは「rotzdem Ja zum Leben sagen.」

英訳のタイトルは「Still say yes to life.」 です。

 

それでも YES」なのですから、

普段の ちょっと滅入った、ちょっと上手くいかない、などは 「当然 YES」なのです。

私は 日常的に起こる この「ちょっと」を一瞬でオールクリアー(AC)するため、

電卓のACボタンを押す感覚で「YES」と呟いています(苦笑)

 

しかし 人生の重大なそれでもの局面において、この「YES」の答えを出すこと、

生身には なかなか難しい。

その難しさ、フランクル派(苦笑)を自称する私の「YES歴」を振り返ってみます。

 

突然 脳梗塞に・・・・

ベッドの中で、ためしに唱えた 「YES」

 

突然 家族との別れが・・・・

唱えるのを止めた 「YES」

 

信じていた人に裏切られ・・・・

何度も呟いた 「YES」

 

追い求めた“坂の上の雲”が目の前から消えた・・・・

当分の間 言わないことに決めた 「YES」 

 

親が死んだ・・・・

報恩の機会を失った自分に 「NO」

 

重要なそれでもの局面で 必ずしもスムーズに「YES」と答えられなかった我が半生ではありましたが、

それでも言いたいと思っている「YES」が今あります。

それは 人生の最後の瞬間に言う 「YES」 です。

「あぁあ 楽しかった」って長い台詞に替えて。

 

そして今、「人生の最後の問い」にこの答えを出すため、

60歳からの「人生本番プロジェクト」をスタートしました。

 

最後に、私が一番影響を受けたフランクの「言葉」を著書の中からご紹介します。

 

『私たちが「生きる意味があるか」と問うのは、はじめから誤っているのです。

つまり、私たちは、生きる意味を問うてはらなないのです。

人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているのです。

私たちは問われている存在なのです。

私たちは、人生がたえずそのときそのときに出す問い、

「人生の問い」に答えなければならない、

答を出さなければならない存在なのです。』

2015年8 月16日

NO.201-1(メインコラム)夢の〇〇

今回のテーマは「夢の〇〇」です。

私は、少年時代 普通の男の子がそうであったように、電車が大好きで、

電車に乗るといつも窓の外の景色に見入っていました。

また休日になると父親に頼んで、電車を見に、 自宅近くの国鉄「鶴舞駅」(名古屋市鶴舞区)

に連れて行ってもらっていました。

駅を貨物列車が通過する時、 当時は列車が貨物輸送を支えていた時代で、連結数が50台60台と長く、

それはそれは勇壮でした。

私は夢中になって連結数を数えるのですが、たいがい途中で混乱して分からなくなっていました。

 

私は、父親の実家が「京都」、母親の実家が「東京」だったため、名古屋に住んでいた当時の

私の友達自慢は、名古屋から母親の実家の東京に行くとき、 名古屋から父親の実家の京都に行くとき、

当時の花形電車 ビジネス特急「こだま号」に乗車できることでした。

ビジネス特急「こだま号」は昭和33年11月に営業を開始し、昭和39年10月に新幹線が開通するまでの間 

超特急 として君臨していました。

私の家族は、この超特急に乗って、名古屋~東京間4時間20分、名古屋~京都間1時間50分

を夏に冬に 往復していました。

当時の時刻表に「こだま号」の開通を宣伝する広告が次のように掲載されています。

【昭和33年11月号 時刻表より】

『11月1日 愈々 待望の、東京~大阪・神戸間 ビジネス特急「こだま号」が誕生します。この特急は 東京~大阪間を6時間50分で快走しますので、両地を朝たって 東京、大阪で用事をすませ、夕方たてば その日のうちに帰ることができます。』

 

そんな 憧れの超特急「こだま号」でしたが、私たち子供の間では、

「もう何年か先に もっと凄い 電車が出来るらしいぜ」「その電車は、夢の超特急 って言うんだぜ」と、

早くも その未来の電車のことで 持ち切りでした。

そう、その未来の電車は、昭和39年10月の開業前まで「夢の超特急」と呼ばれていました。

「夢の超特急」が実現するまで、私は親に

「まだ4年も先だ」「まだ3年もあるの?」「再来年って来年じゃないの?」

「乗れるまで そんなに長く待てない」などと 愚痴っていました。

 

さて、話が長くなってしまいましたが、

私 実は いま あの少年時代の ワクワク感 ゾクゾク感 を超える程の 「夢の〇〇」に携わっています。

その〇〇は、“定年後 本番キャリア!” 

そう、「夢の 定年後 本番キャリア」です。

そして いまの私は 相談者の皆さんから 定年退職が、

「待ち遠しいよぅ~」

「そんなに待てないよぅ~」

と愚痴られる キャリアコンサルタントを目指しています(苦笑)。

そして、少年時代 連結数が50台60台と長くなると数えられなかった私の いまの目標は 

100歳まで生きることに変わりました(笑)。

2015年7 月24日

NO.200-1(メインコラム)「たった2500億円」という視点

今回のテーマは 「たった2500億円」という視点 です。

 

歴史に名を残した文豪たちが 生前 出版社から受け取った「断り状」を紹介する

『まことに残念ですが・・・不朽の名作への「不採用通知」160選』という興味深い本があります。

 

その「断り状」の一部を紹介しますと、

「まことに残念ですが、アメリカの読者は中国のことなど一切興味がありません」

(パール・バックの「大地」に対して)

 

「ご自身のためにも、これを発表するのはおやめなさい」

(D・H・ロレンスの「チャタレー夫人の恋人」に対して)  

などなど。

 

どうでしょうか? この身も蓋もない「断り状」。

「その時代を支配する 『価値観』や『常識』、 『雰囲気』や『ムード』、 『マスコミに誘導された世論』

などに惑わされることなく、自らの基準に従って判断を下す」。

言うは易く 行うは難し ですよね。

 

では どうでしょうか? 今回の新国立競技場建設の騒ぎ。 

・珍しくマスコミ各社が歩調を揃え(安保関連法案で揃わなかった歩調が)「税金の無駄遣い」と一斉に書きたてる。

・そのマスコミの論調に乗って世論が盛り上がる。

・この予想外の世論の盛り上がりを受け、安倍総理は前言をひるがえし「白紙」を発表。 

・その計画見直しを受け、森元総理が「国がたった2500億円出せなかったのかね」と発言。

・この森元総理の発言をマスコミ各社が一斉に書きたてる。

・その記事を受け、「森は一体何様なんだ?」と世論が盛り上がる。

 

さてさて、ここから先は、もしも もしも の“胡蝶の夢”のお話しです(笑) 

(その1)

東京オリンピックの次、2024年オリンピック開催国が建設した新国立競技場はなんと高額の「キールアーチ」を採用し、その出来栄えに「21世紀最大の芸術的建造物」との評価を受けることになった。すると日本のマスコミ各社は一斉に「あの時 誰のせいで たった2500億円の予算を削ってしまったのだ!」と一斉に書きたて、その論調に乗って世論が盛り上がる。

 

(その2)

2024年、日本は国の借金が1500兆円を超え、財政破綻に追い込まれることになった。すると日本のマスコ各社は一斉に「あの時 たった2500億円の予算を削るの削らないのと大騒ぎしている間にも、この国は破綻に向かって坂を転がり落ちていた。こうした事態を放置し続けてきた政治家と官僚の責任はあまりにも大きい!」と一斉に書きたて、その論調に乗って世論が盛り上がる。

 

さて、私、あなた、私たち、にとって 

たった2500億円」のイシュー(Issue)は何か?

改めて考える必要がありそうですね。

未来の「パール・バック」や「D・H・ロレンス」を見落とすことがないように!