« NO.6-1(メインコラム)私の事業観 | メイン | NO.6-3(NO.6-1関連その2)私の事業観 »

2010年3 月31日

NO.6-2(NO.6-1関連その1)私の事業観

今回、「6-1関連その1」でご紹介するのは、ジェームズ・C・コリンズの著書「ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則」です。


既に読まれた方も多いと思います。


読み返すたびに新たな発見のある名著です。


 「事業が成功する鍵とは何か?」この問いに対して “こうすれば間違いなく成功する”という決め手はないと思います。

しかし、ジェームズ・C・コリンズは「このポイントを踏み外すと間違いなく失敗しますよ」ということを我々に教えてくれています。  


           

Line 

         

     ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則ジェ-ム

ズ・C・コリンズ 著) 

 

1)正しい選択

 ①第五水準の指導者がいて

 ②適切な人をバスに乗せ 

 厳しい現実を直視する規律を持ち 

 ④真実に耳を傾ける社風を作り

 ⑤評議会を作って針鼠の概念の三つの円が重なる部分で活動し

 ⑥すべての決定を単純明快な針鼠の概念にしたがってくだし

 ⑦虚勢ではなく現実の理解に基づいて行動すればいい。

 

 

2)第五水準の経営者

  ・個人としての謙虚さと、職業人としての不屈の精神という矛盾した性格の組み合わせによって、

   偉大さを持続できる企業を作り上げる。

 

 

3)最初に人を選ぶ(適切な人をバスに乗せる)

  ・飛躍を遂げた企業は学歴、技能、専門知識、経験などより性格を重視している。

  ・飛躍を遂げた会社は、最高の人材を最高の機会の追及にあてており、最大の問題の

   解決にはあてていない(解決しても無難になるだけ)

 

 

4)ストックデ-ルの逆説

  ・どれほどの困難にぶつかっても、最後は必ず勝つという信念を失ってはならず、

   そして同時にそれがどんなものであれ、自分が置かれている現実の中で、もっとも厳しい事実を

   直視しなければならない。

 

 

5)針鼠の概念

(針鼠の概念の次の三つの円が重なる部分を深く理解し、単純明快な概念を確立)

   ①当社が(当社の従業員が)情熱を持って取り組めるもの

   ②当社が世界一になれる部分

   ③当社の経済的原動力になるもの

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b0133ec3a5dd9970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.6-2(NO.6-1関連その1)私の事業観:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。