« NO.19-1(メインコラム)「B to C ビジネス」の本質 | メイン | NO.19-3(NO.19-1関連その2)「B to C ビジネス」の本質 »

2010年6 月30日

NO.19-2(NO.19-1関連その1)「B to C ビジネス」の本質

今回は、「19-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、4年前にベストセラーとなった 「ブルー・オーシャン戦略」(W・チャン・キム&レネ・モボルニュ 著) です。

数多い商品戦略関連の本の中で、この書籍は、トップ5に入る秀逸本だと私は思います。

著者は一貫して、「競争のない市場空間を切り開き、競争を無意味なものにする」ことを主張しています。

ブルー・オーシャンの世界。

 “デフレ社会”の今、ますます重みを増しています。  


Line


 「ブルー・オーシャン戦略」W・チャン・キム&レネ・モボルニュ 著)

レッド・オ-シャン戦略 VS ブル-・オ-シャン戦略

 

レッド・オ-シャン戦略

ブル-・オ-シャン戦略

既存の市場空間で競争する

競争のない市場空間を切り開く

競合他社を打ち負かす

競争を無意味なものにする

既存の需要を引き寄せる

新しい需要を掘り起こす

価格とコストのあいだにトレ-ドオフの関係が生まれる

価格を高めながらコストを押し下げる

※差別化、低コスト、どちらかの戦略を選んで企業活動すべてをそれに合わせる

差別化と低コストをともに追求し、その目的のためにすべての企業活動を推進する

※レッド・オ-シャン戦略では、各企業が同じベストプラクティスに沿って競争している

ため、差別化には多大なコストを要する。

 

 

価値曲線

競争要因(価値要素)を横軸に、縦軸はそのレベルを表し、自社の取組みと他社の取組みを比較するツ-ル。各競争要因(価値要素)の点を結んだ折れ線が、他社の線と異なる場合は、新たな市場を創造できる可能性が高い。

 

 

 

ブル-・オ-シャンを創造する「4つのアクション」 → 新しい価値曲線を描く

Q1)業界常識として製品やサ-ビスに備わっている価値要素の内、取り除くべきものは何か?

Q2)業界標準と比べて思い切り減らすべき価値要素は何か?

Q3)業界標準と比べて大胆に増やすべき価値要素は何か?

Q4)業界でこれまで提供されていない、今後付け加えるべき価値要素は何か?

 

とりわけ重要なのは「取り除く」「付け加える」という2つのアクション、これらを

通して、既存の競争要因(価値要素)の枠組みにとらわれたまま価値を最大化しようとする発想から逃れられる。「取り除く」「付け加える」というプロセスによって、競争要因(価値要素)そのものを刷新して、従来の競争ル-ルを無効にするのである。

 

 

 

優れたブル-・オ-シャン戦略に共通する3つの特徴

  新しい価値曲線を描くために4つのアクションをとり、①メリハリ ②高い独自性 

 ③訴求力のあるキャッチフレ-ズ の3つの特徴を備えた戦略プロフィ-ルを実現する。

 3つの特徴に欠けた戦略は、月並みでパンチが弱く、伝えにくいうえ、高コストである

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b0133f1b8d0cf970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.19-2(NO.19-1関連その1)「B to C ビジネス」の本質:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。