« NO.73-3(NO.73-1関連その2)キャリアから見た”日本の将来”(下) | メイン | NO.74-2(NO.74-1関連その1)”メラビアンの法則”を超えて »

2011年8 月 1日

NO.74-1(メインコラム)”メラビアンの法則”を超えて

今週のテーマは、「“メラビアンの法則”を超えて」です。

「メラビアンの法則」って、皆さんもこれまで新入社員研修、管理職研修、コミュニケーション・スキル研修などで一度や二度は学んだことがある法則だと思います。

 

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱したこの法則は、

「感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。」という実験結果です。

例えば、『ある人が「ありがとう」という言葉(言語情報)を 強くてキツイ語調(聴覚情報)で、立腹した表情(視覚情報)で言った場合、人は何に重きを置いて受け止めるか』について実験してみたら、

7%の人が「ありがとう」の言葉(言語情報)に重きを置き

38%の人が強い語調(聴覚情報)に重きを置き

55%の人が立腹した表情(視覚情報)に重きを置いた

ということです。 

ゆえに講師はこんな結論で研修を結びます。「言語情報はたった7%しかなく、非言語情報がいかに大切な情報であるか、ということが皆さんにも理解できたと思います。」 と。

 

さて本日は私が研修で必ず取り上げる実践的な話をしたいと思います。

まず初級コースです。

人に “大きなインパクト” を与えるのはどんな時か?

それは ①言語情報、②聴覚情報、③視覚情報 の全てを一致させ 心からの言葉を伝えた時です。

 

人に “不信感” を与えるのは、どんな時か?

それは ①言語情報、②聴覚情報、③視覚情報 のどこかに不一致がある時です。

 

以上が、実践編として言える2つの基本ルールです。

 

次に上級コースです。

では、人に “一番大きなインパクト” を与えるのはどんな時か?

それは ①言語情報、②聴覚情報、③視覚情報 に加え ④その後の行動  も一致させることです。 これが一番パワフルです。

その逆は人に “一番大きな不信感” を与えます。

 

サッカー「なでしこジャパン」の澤穂希(さわ ほまれ)選手が試合前、後輩達に言ったそうです。

「苦しいときは私の背中を見なさい」と。

疲労と足のケイレンで心が折れそうになった時、歯を食いしばってボールを追うチームリーダーの姿を見たら、体の限界を超えて頑張ろうって、誰だって思います。 

これが実践編上級コースです。 

Line

    Kimo  「苦しいときは私の背中を見なさい!」

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b015433fb9a2b970c

Listed below are links to weblogs that reference NO.74-1(メインコラム)”メラビアンの法則”を超えて:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。