« NO.97-1(メインコラム)実践!行動マーケティング学 | メイン | NO.97-3(NO.97-1関連その2)実践!行動マーケティング学 »

2012年2 月29日

NO.97-2(NO.97-1関連その1)実践!行動マーケティング学

今回、「97-1(メインコラム)の関連その1」としてご紹介するのは、元芸能人 島田紳助氏の著書「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」です。

 

私は島田氏を「行動マーケティング学の実践者」として注目していました。

 

島田氏は、著書の中で 「お金以上の満足をお客さんに与えられる店しか生き残れないと」と述べています。

 

まさに「お客様満足の法則」です。

Line


「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」(島田 紳助 著)

僕はタレントとしての成功が偶然でないことを証明するために、そして、現在のアイデアが世間に通用するかを実験するためにビジネスをしている。金儲けが目的でないから常に冷静沈着で、判断が鈍ったり目が狂うこともない。


どんな仕事であろうとも、人間のする仕事には、創意工夫の才能が重要な役割を果たす。そういう能力を引き出すためには、従業員にとって、そこで働くことが本当の意味で自分のためになるという環境を作ることが欠かせない。人は自分の幸せのために働いているとき、肉体的にも精神的にもいちばん力を発揮できる。


タレントさんのやる店は、開店から何年かでつぶれてしまうのか。オープンしたときは、華々しく、店の外には長蛇の列ができたりするのだが、1年も2年もしないうちにことごとく消えてしまう店がどれほど多いことか。なぜかというと、宣伝は諸刃の剣だからだ。単純な話、もしその店が美味しくなかったら、悪評はあっという間に広まる。その店で味わえる満足感がそのお金に見合ったものかどうかは、みんな無意識のうちに計算している。つまり、お金以上の満足をお客さんに与えられる店しか生き残れないと僕は思うのだ。


ビジネスの相棒として、素人と経験者とどっちか選べと言われたら、僕は間違いなく素人を取る。理由は明解。素人は常識にとらわれないからだ。「プロやったらみんなこうすると思うんですけど」「そんなことしたら同業者に笑われまっせ」表現は違うけれど、言いたいことはみな同じ。今の世の中、商売で成功している人なんてほんの一握りなのだ。そんな同業者やプロの集まった失敗だらけの業界の常識がなんぼのもんや。僕に言わせれば、そんな常識はみんな失敗するための常識だ。


人はみんな、自分の幸せのために生きている。その自分の幸せのために頑張るとき、人はいちばん力を発揮する。だから後輩や弟子に、新しいビジネスをさせるときでも、そのビジネスの成長が直接彼ら自身の夢や将来につながるようなシステムを考えるわけだ。


やろうと決めたらまずスタートすることだ。ただし、実際の行動に移すのはまだ先だ。スタートしたら、まず徹底的にリサーチをする。成功するには何が必要かを考えるのだ。こうすれば成功するとはっきり確信が持てたら、そこで初めて開業の準備に入る。ただし、何かをやりたいという自分の気持ちに振り回されないように。たとえば喫茶店をやりたいという気持ちが強すぎると、自分の用意できるお金と場所でやろうということになる。自分の都合でやるということだから、それではお客さんのニーズに合う可能性が低くなってしまう。失敗の可能性は高くなるということだ。

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b0168e7efd5f9970c

Listed below are links to weblogs that reference NO.97-2(NO.97-1関連その1)実践!行動マーケティング学:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

この記事へのコメントは終了しました。