« NO.122-1(メインコラム)宇宙に衝撃を与えたい | メイン | NO.122-3(NO.122-1関連その2)宇宙に衝撃を与えたい »

2012年9 月19日

NO.122-2(NO.122-1関連その1)宇宙に衝撃を与えたい

今回「122-1(メインコラム)の関連その1」として、ご紹介するのは、「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」(カーマイン・ガロ 著)です。

 

ジョブズは、ビジョンは「宇宙に衝撃を与える」ものが必要だと考えていました。

 

「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」(カーマイン・ガロ 著)

 

■「ジョブズならどうするだろうか?」。ビジネスや人生についてジョブズが指針としている7つの法則を使うと、いやでも今までと違う考え方をするようになるはずだ。

 

法則1:「大好きなことをする」 スティーブ・ジョブズは、心の声に従ってきたし、それがよかったのだと言う。

 

法則2:「宇宙に衝撃を与える」 ジョブズは、自分と考え方が似ていて自分のビジョンに賛同する人々、世界を変えるイノベーションへと自分のアイデアを変えてくれる人々を惹きつける。アップルのロケットは情熱が燃料、ジョブズのビジョンが目的地だ。

 

法則3:「頭に活を入れる」 創造性がなければイノベーションは生まれないが、スティーブ・ジョブズにとって創造性とはさまざまな物事をつなぐことを意味する。幅広く体験すれば人間の体験を深く理解できるようになると信じているのだ。

 

法則4:「製品を売るな。夢を売れ」 アップル製品を買う人々をジョブズは「顧客」だと見ない。夢や希望を持つ人々だと見る。そして、その夢の実現を助ける製品をつくるのだ。

 

法則5:「1000ものことにノーと言う」 洗練を突きつめると簡潔になるとジョブズは言う。iPodからiPhoneのデザインまで、製品のパッケージからウェブサイトの機能まで、そのイノベーションは、不要なものを取り除き、必要なものの声が聞こえるようにすることである。

 

法則6:「めちゃくちゃすごい体験をつくる」 アップルストアは、顧客サービスとはこういうものだという基準になった。アップルストアを世界最高の小売店としたシンプルなイノベーションは他の分野にも応用可能で、どのような事業でも顧客と”心からのつながり”を長期的に結ぶことができる。

 

法則7:「メッセージの名人になる」 ジョブズは傑出した語り部で、企業の製品発表を芸術の域にまで高めた人物だ。世界一のイノベーションを思いついても、まわりの人を巻き込めなければ意味がない。

 

■「シンク・ディファレント」する個人やブランドの例を紹介する。

キャリア:(法則1:「大好きなことをする」)

ビジョン:(法則2:「宇宙に衝撃を与える」)

考え方:(法則3:「頭に活を入れる」)

顧客:(法則4:「製品を売るな。夢を売れ」)

デザイン:(法則5:「1000ものことにノーと言う」)

体験:(法則6:「めちゃくちゃすごい体験をつくる」)

ストーリー:(法則7:「メッセージの名人になる」)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b017c31df50aa970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.122-2(NO.122-1関連その1)宇宙に衝撃を与えたい:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。