« NO.123-2(NO.123-1関連その1)78万人 | メイン | NO.124-1(メインコラム)佐渡の今、日本の将来 »

2012年9 月28日

NO.123-3(NO.123-1関連その2)78万人

今回(123-1のメインコラム)の関連資料としてご紹介するのは、「世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人」(キャメル・ヤマモト 著)です。

 

日本人よ、全球人(中国語で「グローバル化」を意味)を目指せ!とのメッセージです。

 

「世界で稼ぐ人 中国に使われる人 日本でくすぶる人」(キャメル・ヤマモト 著)

 

☑グローバル競争の中で、今まで以上に「稼ぐ人」、安さで勝負できる「安い人」、居場所がなくなる「余る人」に分れ始めている。 ・稼ぐ人→世界をまたにかけて活躍する「全球人」(中国語で「グローバル化」を意味) ・安い人→ローコストで生きることができる「現地人」 ・余る人→日本国内にとどまる内向きの「内国人」

 

☑このグローバル競争において、日本人が全球人(グローバル人材)となって勝ち残るには、従来から苦手とされる3つの力、「語学力を含めた外交力」「世界で通用する専門性」「世界の人を動かすリーダーシップ」を磨いていくことが必須である。

 

☑専門性とは何か?「職能的な専門性」「事業的な専門性」「地域的な専門性」という3つの切れ目で線をいれて考えてみよう。 第一の「職能的な専門性」とは、「研究」「開発」「調達・物流」「製造」「マーケティング」「営業」「財務」「経営企画(戦略)」「人事」「IT」「法務」「広報・IR」などの専門性である。 第二は、「事業についての専門性」である。業界や市場・顧客や競合についての知識や、担当する事業のバリューチェーンや成功要因や強み・弱み・機会・脅威についての知識や洞察が、事業の専門性である。 第三は、「地域についての専門性」である。たとえば、中近東の専門家や中国の専門家という場合、その地域における自社の事業にかかわる知識はもちろんのこと、その地域の歴史や文化・経済・社会状況など幅広い知識も含む。

 

☑「現地人」は、どこか特定の国で活躍できる人だから、それを梃子にして、より広い範囲で通用する力を磨けば、国を超えた地域で活躍できるリージョン人材や、世界で活躍する「全球人」に育つ可能性をもつ。特に、新興国で長期滞在する覚悟で海外にでていき、そこでしっかり成果をだして現地人としての経験を積みつつ、全球人になるというのがごく自然なモデルになるだろう。その際の鍵は外交力と専門性とリーダーシップを高めること。

 

☑「内国人」も、匠人材の場合は、日本にいながらにして「全球人」となる可能性をもつ。その会社の何か重要な価値を生み出す上で、不可欠であり、かつ、その人の技、匠が、余人にもって代えがたい、ことが条件である。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b017c32113b79970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.123-3(NO.123-1関連その2)78万人:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。