« NO.142-1(メインコラム)人生の先輩に聞く | メイン | NO.144-1(メインコラム)ちょっと好奇心 »

2013年3 月30日

NO.143-1(メインコラム)締め切り

今週のテーマは「締め切り」です。

 

「いつまでにこれをやろう」と決めても ついつい「締め切り」間際まで手を付けない。

こんな経験 誰にもあると思います。

子供の頃の「夏休みの宿題」を思い出してみましょう。

8月31日の「締め切り」があるから 何とかギリギリで宿題を終わらせられた。

もし「締め切り」が無かったら 宿題はいつまでも手付かずのままだった かもしれません。

 

さてこの「締め切り」 実は人生にもあるのです。

私たちは 普段 この人生の「締め切り」に対して実感がありません。

 

フランス出身の20世紀を代表する芸術家 かのマルセル・デュシャンは自身の墓碑に皮肉と自戒を込めて

「死ぬのはいつも他人ばかり」

と刻んだそうです。

そう 私たちは いつも心のどこかで「自分だけは死なない」と勘違いしながら生きています。

しかし 私たちは 間違いなく死にます。

一人の例外もなく人生の「締め切り」は必ずやってきます。

 

7月20日から8月31日まで「40日間の夏休み」を「80年間の人生」 に置き換えると、

今アナタが40歳なら 今日は、8月10日です。

今アナタが60歳なら 今日は、8月20日です。

やり方が分かっていて手を付け易い「計算ドリル」や「漢字練習帳」は終わっていると思います。

面倒なのは「自由研究」 や「図画工作」です。

「自由研究」のテーマ 決まりましたか? 「図画工作」で何を描くか 何を作るか 決まりましたか?

そうですか 決まりましたか。

ではいつ着手しますか? 11日からですか? 21日からですか?

 

では更に お聞きします。

アナタは何を知り、何を学びたがっている人ですか? 

それに気付いたら それをいつ着手しますか?

 

あなたは本当は此の世で何をするために生まれてきた人ですか? 

それに気付いたら それをいつ着手しますか?

 

神様は わざと「寿命」と言う「締め切り」を作ったのかもしれませんね。

さもなければ 私たち いつまで経っても 大事な宿題に着手しないからです。 

私は 大病(脳梗塞)を利用して ようやく着手しました(苦笑)。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b017c38355cf3970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.143-1(メインコラム)締め切り:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。