« NO.161-1(メインコラム)TEDスピーチを超えて | メイン | NO.163-1(メインコラム)金鯱(きんしゃち)の夢 »

2013年9 月29日

NO.162-1(メインコラム)野良ネコと飼いネコ

今回のテーマは「野良ネコ と 飼いネコ」です。

 

「広辞苑(第6版)」で「野良(のら)ネコ」を引くと、

【野良ネコ】

飼い主のない猫。 野原などに捨てられた猫。 どらねこ』 と出ています。

 

となると 

【飼いネコ】は、

『飼い主のいる猫。 家の中に住んで飼い主から餌をもらえる猫。孝行ねこ』ということでしょうか。

 

私はキャリアの話をする時、「野良ネコ」と「飼いネコ」を人に置き換えて話をします。

【野良人(のらひと)】は、

『餌を捕る術(すべ)を日々実践で磨いている人。 自力で生きていける人』 

 

【飼い人】は、

『主人から餌をもらうことが習慣となった人。 自力で餌を捕る術(すべ)を失った人』

 

高度成長時代は、

「飼い人の平均寿命は70歳、飼い主(会社)の寿命は70年」

「多くの飼い人が その生涯を 飼い人 として全う出来た」 時代でした。

 

ところがどうでしょう、

「飼い人の平均寿命が90歳まで伸び」

「飼い主(会社)の寿命が読めなくなってしまった」今、

働き盛りの飼い人が 突然 『飼い主のない人野原などに捨てられた人どら人

になる時代となりました。

運よく 飼い人を60歳で終えることが出来たとしても、 90歳まで、蓄えを食い潰すだけでは不安です。

 

ではこれからの「飼い人」はどうするか?

答えは、

①次の「飼い主」にかわいがってもらえるため 孝行ひと になる。

②自分で餌を捕る術を磨いて 自力で生きていける人 になる。

 

その①②のどちらかを覚悟を持って選択し、生き残る。 です。

 

②を選択した人は、飼われている内に、自分で餌を捕る術を秘かに磨いておく。 

①を選択した人は、この先 気まぐれな飼い主に放り出されてしまった時に備え、

飼われている内に、夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場する野良ネコ“吾輩”

の根性を学ばなくてはなりません。

 

 

野良ネコの“吾輩”は飼いネコになるため、つまみ出されても、つまみ出されても  諦めません。

その“吾輩”の根性を最後に紹介します。

 

【「吾輩は猫である」より】

・・・・・吾輩が最後につまみ出されようとしたときに、この家(うち)の主人が騒々しい何だといいながら出て来た。下女は吾輩をぶら下げて主人の方へ向けてこの宿(やど)なしの小猫がいくら出しても出しても御台所(おだいどころ)へ上あがって来て困りますという。主人は鼻の下の黒い毛を撚(ひねり)ながら吾輩の顔をしばらく眺(なが)めておったが、やがてそんなら内へ置いてやれといったまま奥へ這入(はい)ってしまった。主人はあまり口を聞かぬ人と見えた。下女は口惜くやしそうに吾輩を台所へ抛(ほう)り出した。かくして吾輩はついにこの家(うち)を自分の住家(すみか)と極(きめ)る事にしたのである。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a778e143970b019affaab920970b

Listed below are links to weblogs that reference NO.162-1(メインコラム)野良ネコと飼いネコ:

コメント

フィード You can follow this conversation by subscribing to the comment feed for this post.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。